bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

LINE、災害時に自分の状況をカンタンに報告できる「LINE災害連絡サービス」をスタート

LINE

LINE、災害時に自分の状況をカンタンに報告できる「LINE災害連絡サービス」をスタート

2011年3月11日に発生した東日本大震災で大切な人と連絡が取れなかった経験をもとに生まれた「LINE」が、大規模な災害が発生した際に、自分の状況をタイムラインでカンタンに報告できる「LINE災害連絡サービス」をスタートしました。

「LINE災害連絡サービス」の使い方

「LINE災害連絡サービス」は、大規模災害が発生すると、全ユーザーにLINEの公式アカウントからメッセージが届きます。

「LINE災害連絡サービス」の使い方

メッセージには「被害があります」「無事です」「災害地域にいません」の3つの選択肢が表示されます。

「LINE災害連絡サービス」の使い方

自分の今の状況をタップすると、タップした内容にあわせたメッセージが入力された状態で投稿画面が表示されます。そのまま「投稿」ボタンを押すだけで自分の状況をタイムラインに投稿することができます。

「LINE災害連絡サービス」の使い方

「LINE災害連絡サービス」を利用することで、LINEのタイムラインで自分のLINE友だち全員に無事や被害状況を知らせることができます。

なお、LINEは基本機能を使うことで緊急時に大切な家族や友だちとの連絡に役立てられるとして「災害時に役立つLINEの活用方法」を公開しています。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AIスマートスピーカー

2018/08/16
LINE、ミニオン語もしゃべるスマートスピーカー「Clova Friends MINIONS」を8月21日発売

iOS

2018/08/16
またiPhoneの「AirDrop」を悪用した事件。わいせつ画像を送信した男性が書類送検

Twitterニュース

2018/08/16
Tweetbot 4 for Twitter、タイムラインのストリーミングを削除。通知は数分の遅延・無効化も

AirPods

2018/08/15
AirPods、サードパーティのワイヤレス充電マットにも対応か
Recommendこんな記事も読まれています