LINEのトーク画面に平成最後の「桜」が舞う

bio
Yusuke Sakakura

LINEのトーク画面に平成最後の「桜」が舞う

iPhone 12LINEのトーク画面に平成最後の「桜」が舞う

今日から新年度、LINEのトーク画面には桜が舞っています。2019年4月1日の午前ごろから舞い始め、現在はiOS/Android/PC版で確認されています。

LINEのトーク画面に桜が舞うのは2015年から続いて今年が5年目。12月のクリスマスに雪が降る演出と共にすっかり恒例になっています。

桜が舞わない場合はアプリの再起動を

PC版のLINE

PC版のLINEにも桜が舞っている

LINEのトーク画面に桜が舞わない場合はLINEアプリを一度終了してもう一度起動したり、スマートフォンを再起動してみましょう。なお、トーク画面に桜が舞うのは1日限定。日付が変わったあとも引き続き桜が舞うこともありますが、基本的にはその日限りです。

なお、クリスマスに雪が降る演出ではスマートフォンを傾けると雪が斜めに降る吹雪が実装されていましたが、今回はスマホを傾けても桜が舞う方向は変わりません。ハロウィンやクリスマスでは「ハロウィン」や「クリスマス」など特定の文字を送信すると特別な演出が表示されていましたが、桜の特別な演出は用意されていないようです。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています