bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

LINE、アップデートで「位置情報」と「LINE Beacon」の利用許可を案内。許可するとどうなる?

LINE

LINE、アップデートで「位置情報」と「LINE Beacon」の利用許可を案内。許可するとどうなる?

11月21日、LINEが最新版となるバージョン8.17.0(App Store / Google Play)を公開した。

アップデートでは、不具合修正および性能改善が実施され、さらに起動時に“サービス向上のための情報利用に関するお願い”として「位置情報」と「LINE Beacon」の利用に同意するか確認する画面が表示される。

許可画面で「位置情報」と「LINE Beacon」の利用に同意した場合にどうなるのか解説する。

「位置情報」と「LINE Beacon」の利用に同意するとどうなる?

LINEをバージョン8.17.0にアップデートした直後に“サービス向上のための情報利用に関するお願い”が表示される。画面には位置情報とLINE Beaconの利用に同意するチェックボタンが表示されており、そのまま「OK」ボタンをタップすると利用に同意したことになる。

利用を同意した場合は、LINEを通じて大規模災害などの緊急時や、天候変化のお知らせ、近くのお店のクーポン・広告などがより適切に配信される。

位置情報: 避難情報・国民保護情報(Jアラートなど)の配信に活用

位置情報: 避難情報・国民保護情報(Jアラートなど)の配信に活用

「位置情報」はユーザーの安全を守るための情報や生活に役立つ情報の配信に活用される。

例えば、避難情報や国民保護情報(Jアラート、Lアラート)といった国や市町村等から発表される情報をテレビやラジオを視聴できない状況および場所でもLINEから確認することができたり、今いるエリアの天候の変化、近くのお店で使えるクーポンなどがLINE上に配信される。

LINE Beacon: 不正利用の防止。サービスの開発・改善、広告配信に活用

LINE Beacon: 不正利用の防止。サービスの開発・改善、広告配信に活用

「LINE Beacon」は不正利用の防止、サービスの提供・開発・改善や広告配信のために、ビーコン接触情報が取得・利用される。LINE Beacon自体は古くからある機能で今回改めて使用許諾を求められる形だ。

なお、ビーコン接触情報はLINE関連サービスを提供する会社やLINEの業務委託先にも共有されることがあると案内されている。

同意は任意。あとからオン・オフすることも可能

今回の意思確認はあくまでも任意であり、チェックボタンを外して「OK」ボタンをタップすれば、従来どおりLINEを使用することできる。また、以下の手順によってあとから「位置情報」と「LINE Beacon」のオプションをオン・オフすることもできる。

同意は任意。あとからオン・オフすることも可能

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2018/12/10
終了まであとわずか、Amazonサイバーマンデーで売れたものトップ10

NTTドコモ

2018/12/10
ずっと毎月1,500円割引のdocomo with「AQUOS Sense2」を12月14日発売。価格は一括3.1万円

LINE

2018/12/10
LINE、京都市でキャッシュレス化を促進。年内にシェアバイクサービスも展開へ

Pixelの噂・最新情報

2018/12/10
Pixel 3 Lite/Pixel 3 XL Liteのレンダー画像登場。両機種ノッチなしに
Recommendこんな記事も読まれています