速報:ソフトバンクの新ブランド「LINEMO」(ラインモ)が3月17日開始

ソフトバンク

ソフトバンク、新ブランド「LINEMO」(ラインモ)を3月17日開始

ソフトバンクが3月17日に開始する新ブランド名が「LINEMO」(ラインモ)に決定した。

LINEMOの料金は、昨年末の発表時は5分以内の音声かけ放題付きで月額2,980円と案内されていたが、5分以内の音声かけ放題を500円のオプションとして分離して料金を月額2,480円に値下げする。

LINEビデオ通話もギガノーカウント

LINEMOは、データ容量20GBを月額2,480円で利用できるソフトバンクのオンライン専用新ブランドで申込みや手続きはLINEなどオンラインでのみ可能。店頭や通話でのサポートは利用できない。

ドコモのahamoやKDDIのpovoとの大きな違いは、LINEのトークや音声通話、LINEビデオ通話などを利用した場合、データ使用量としてカウントしない「LINEギガフリー」にある。

月額240円で提供しているLINEのスタンプ使い放題サブスク「LINEクリエイターズスタンプ」が2021年夏以降に無料で利用可能になり、キャリア決済サービス「ソフトバンクまとめて支払い」にも2021年4月中旬以降に対応することが明らかになった。

一方でLINEMOの回線はソフトバンクやワイモバイルの家族割のカウント対象にならず、転送電話や留守番電話、Apple Watchモバイル通信サービスはサービス開始当初は利用できない。

LINEMOのネットワークはソフトバンクとまったく同じ品質で5Gにも対応。2021年度末には5Gの基地局数を5倍に増やし、人口カバー率90%超を計画している。

契約事務手数料、SIM交換と再発行、MNP転出手数料、契約解除料はいずれも無料。テザリングやフィルタリング、緊急速報メール、災害用伝言板の利用が可能。キャリアメールは利用できない

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2021/02/28
違いは?ahamo/povo/LINEMOを比較

Google Home/Nest

2021/02/27
新型Nest Hub、Soliチップ搭載で空中ジェスチャに対応か

NTTドコモ

2021/02/27
ahamo、音声定額込みで料金値下げか。週明けにも発表

ニュース

2021/02/26
キャリアメール持ち運び、総務省「ahamoも対象にすべき。来夏までの実現が適当」
Recommendこんな記事も読まれています