bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

どこがおトク?マイナポイントの上乗せ比較。予約・申込方法も

お役立ちコンテンツ

どこがおトク?マイナポイントの上乗せポイント比較。予約・申込方法も

今年7月から事前登録が開始した「マイナポイント」が、いよいよ9月から本格的にスタートします。

日ごろ使っているクレジットカードやコード決済などのキャッシュレス決済でチャージしたり買い物すると最大5,000円分のポイントがもらえる事業。

期間は2021年3月末までですが、国の予算上限に到達するとマイナポイントの予約が期限を待たずして締め切られる可能性もあるため早めに予約・申込が必要になります。

この記事ではマイナポイントの予約・申込、マイナンバーカードの申請方法、どこのキャッシュレスサービスがおトクなのかを比較しています。

目次

マイナポイントとは?

マイナポイントは2020年9月1日から2021年3月31日までの期間限定で実施される消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とした事業です。

マイナンバーカードを使って事前に予約・申し込みを行い、100種類以上のキャッシュレス決済サービスから1つを選びチャージまたは買い物をすると利用金額の25%分のポイントがもらえます。もらえるポイントの上限は5,000円分のため20,000円までの購入がマイナポイントの対象になります。

カンタンに言えば2020年6月末で終了した「キャッシュレス・消費者還元事業」の続きのようなもの。キャッシュレス・消費者還元事業は対象店舗にてクレジットカードやSuicaなどの電子マネー、スマートフォンのコード決済といったキャッシュレスで決済すると最大5%が還元されるというものでしたが、マイナポイントにはマイナンバーカードが絡んでいることが大きな違いです。

各決済サービスは顧客獲得のために独自でポイントの上乗せも行っていてドコモのスマホ決済サービス「d払い」では2,500円分が上乗せされて合計7,500円分が還元されるため大きな注目を集めています。

なお、マイナポイントに紐付けられる決済サービスは1つのみ。変更もできないのでよく検討した上で選択しましょう。

マイナポイントまとめ
  • 実施期間は2020年9月1日から2021年3月31日まで
  • 事前に予約・申込、マイナンバーカードが必須
  • 申し込み後、チャージまたは支払いで利用金額の25%をポイント還元
  • 還元上限額は5,000円分
    • 20,000円までの購入がマイナポイントの対象
  • マイナポイントに登録できるサービスは1つのみ
  • 登録したサービスの変更は原則不可
  • 各社ポイント上乗せキャンペーンを実施

おトクなサービスはどれ?上乗せポイントを比較

おトクなサービスはどれ?上乗せポイントを比較

マイナポイントでは利用金額の25%が上限5,000円分まで還元されますが、ユーザー獲得および囲い込みのために基礎ポイントに加えて独自で上乗せキャンペーンを行っているサービスも少なくありません。PayPayやメルペイは1億円規模のポイントを付与するキャンペーンを実施しています。

以下に主なマイナポイント対応サービスのキャンペーン内容、メリットデメリットを記載しています。マイナポイントに登録する際に参考にしてください。

最も上乗せポイントが多い「d払い」

最も上乗せポイントが多い「d払い」

8月27日時点でポイントを最も多く上乗せしている決済サービスはドコモの「d払い」です。

「d払い」のメリット・デメリット
  • 上乗せポイントは最も多い2,500ポイント
    • チャージまたは支払いで基礎ポイント+5%・最大1,000ポイントを還元
    • マイナポイントの登録で1,500ポイント付与
    • 2020年9月末まで
  • iDでの購入は対象外
  • ドコモ以外のユーザーでも利用可能

チャージで10%上乗せ「WAON」

チャージで10%上乗せ「WAON」

イオンの電子マネーサービス「WAON」ではチャージ額に対して10%を上乗せしてポイントが付与されます。

「WAON」のメリット・デメリット
  • チャージ額の10%を上乗せして付与
  • 上乗せポイントの上限は2,000ポイント
  • 電子マネーはコード決済に比べて対応店舗が少ない
    • 例えばイトーヨーカドーやセブンイレブンはWAON非対応

2000円相当+最大1,000万円分が当たる「メルペイ」

2000円相当+抽選で最大1,000万円相当が当たる「メルペイ」

個人的にオススメしたいのがメルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」。2,000ポイントの上乗せに加えて1億円分のポイント山分けキャンペーンが実施されます。

抽選式の山分けキャンペーンの当選額と当選人数は1等1,000万円相当x1人、2等は100万円相当x10人、3等は50,000円相当x150人、4等は5,000円相当x1,500人、5等は500円相当x130,000人です。

「メルペイ」のメリット・デメリット
  • 2,000円分の上乗せポイントを付与
    • メルカリで買い物すると還元率5%で最大1,000円分を付与
    • チャージ額に応じて最大1,000円分を付与
  • 抽選で最大1,000万円、総額1億円分をプレゼント
  • クレカ払い、キャリア決済、コンビニ・ATM払い、Apple Payはポイント付与の対象外

最大100万円分が当たる「PayPay」

最大100万円相当を還元する「PayPay」

導入店舗が多いコード決済サービス「PayPay」に上乗せポイントはありませんが総額1億円分のポイントが当たるキャンペーンが実施されます。

抽選式のキャンペーンの当選額と当選人数は1等100万円相当x10人、2等は5万円相当x150人、3等は5,000円相当x1,500人、4等500円相当x150,000人です。

「PayPay」のメリット・デメリット
  • マイナポイントにPayPay登録で最大100万円が当たるキャンペーン
  • 上乗せポイントなし
  • 対応店舗が多いコード決済サービス

1000円相当分を還元する「au PAY」

1000円相当分を還元する「au PAY」

auのコード決済サービス「au PAY」では残高チャージで基礎ポイントが付与され、さらにマイナポイント還元額に対して20%(つまりチャージ額の+5%)のau PAY残高が還元されます。

「au PAY」のメリット・デメリット
  • チャージ額に5%を上乗せして付与
  • 上乗せポイントの上限は1,000ポイント

登録だけで1,000円上乗せ「Suica」

登録だけで1,000円上乗せ「Suica」

交通系電子マネーの「Suica」はマイナポイントに登録するだけで1,000円相当のポイントが上乗せされます。付与ポイントはSuicaにチャージしたり、Suicaグリーン券に交換できるJRE POINTです。

「Suica」のメリット・デメリット
  • マイナポイントに登録すると1,000円相当のポイントが上乗せ
    • JRE POINTへの登録も必要
  • 還元率の高いモバイルSuicaの登録がおすすめ
  • JRE POINTに登録したVIEWカードのクレカ払いで20,000円以上チャージすると抽選で2,500人に2,000ポイントを付与

比較表

上乗せポイント還元ポイント/残高上乗せ条件・概要抽選・クーポン抽選・クーポン条件・概要
d払い最大2,500円分dポイント1. マイナポイント申込で1,500円分付与
2. チャージまたは決済で5%・最大1,000円分付与
なし
au PAY最大1,000円分au PAY残高マイナポイントに申し込み後チャージすると
還元率5%で最大1,000円分付与
なし
PayPay抽選で総額1億円分プレゼントPayPayボーナス▼総額1億円分プレゼント
1等: 100万円相当x10人
2等: 5万円相当x150人
3等: 5,000円相当x1,500人
4等: 500円相当x150,000人
2020年7月1日〜8月31日に
マイナポイント申込で自動抽選
楽天ペイ最大800円分楽天ポイント楽天カードからチャージした楽天キャッシュの利用で1.5%付与
※付与内訳:チャージ時に0.5%還元、チャージ残高での支払いで1%還元”
なし
メルペイ最大2,000円分+総額1億円分プレゼントポイント1. 本人確認完了後、メルカリの買い物で5%付与
2. チャージ額に応じて付与
※それぞれ最大1,000円分
▼総額1億円分プレゼント
1等: 1,000万円相当x1人
2等: 100万円相当x10人
3等: 50,000円相当x150人
4等: 5,000円相当x1,500人
5等: 500円相当x130,000人
2020年7月1日〜9月30日に
マイナポイント申込で自動抽選
LINE Payクーポンプレゼント1.割引額2,500円分の「スペシャル特典クーポン」を2枚プレゼント
2.LINEポイントクラブのマイランクに応じた特典クーポンのダウンロード可能枚数が+2枚に
2020年9月9日〜11月25日に
マイナポイント申込で
dカード500円分dポイントマイナポイント申込で付与なし
WAON最大2,000円分WAONチャージで10%付与なし
Suica1,000円分JRE POINTマイナポイント申込で付与なし
PASMOなしなし
nanacoなしなし
楽天カードなしなし
楽天Edyなしなし

マイナンバーカードを申請する

マイナンバーカードの申請方法はいくつかありますがスマートフォンを使って申請する方法を解説します。

申請の際には郵送された通知カードについていた「交付申請書兼電子証明書発行申請書」が必要になります。手元にない場合はこちらから申請しましょう。

なお、マイナポイントの開始に合わせてマイナンバーカードの申請が増加していて受け取るまでに数ヶ月かかります。自分の場合は申請から約2ヶ月後に受け取りができました。

操作手順
  • 1. オンライン申請サイトにアクセス
  • 2. 利用規約を確認したあとチェックを入れて「確認」ボタンをタップする
  • 3. 交付申請書に記載されている数字23ケタの申請書IDや氏名、メールアドレス、画像認証を入力して「確認」ボタンをタップする
  • 4. 入力内容を確認して「登録」ボタンをタップする
  • 5. 申請書受付センターからメールが届いたらメール内のリンク先にアクセスする
  • 6. マイナンバーカードに印刷する顔写真をアップロードする
    • 6-1. 写真を撮影後、アップロードボタンをタップして顔写真を選択する
    • 6-2. アップロードが完了したら「確認」ボタンをタップ
  • 7. 確認事項にチェックを入れて「登録」ボタンをタップ
  • 8. 生年月日を入力して“上記の申請内容に、誤りはありません。”にチェックを入れて「確認」ボタンをタップ
  • 9. 申請情報を確認して「登録」ボタンをタップ
  • 10. 受付完了画面が表示されたら完了
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

マイナポイントの予約・申し込み

マイナンバーカードを受け取ってマイナポイントに紐付けたい決済サービスを決めたら以下の手順を参考に予約・申し込みをしましょう。

マイナポイントを予約する
  • 1. マイナポイントアプリをダウンロード
  • 2. アプリを起動して“はじめての方はこちら”から「マイナポイントの予約」ボタンをタップする
  • 3. “マイナポイントの予約”が表示されたら「次へ進む」をタップ
  • 4. iPhoneの場合
    • 4-1. 「読み取り開始」をタップ
    • 4-2. 利用者証明用パスワードを入力して「OK」を選択
  • 5. Androidの場合
    • 5-1. 利用者証明用パスワードを入力して「OK」をタップ
  • 6. スマートフォンをマイナンバーカードの上に置いて読み込む
  • 7. 「発行」ボタンをタップ
  • 8. “マイナポイントの予約を確定してもよろしいですか?”が表示されたら「OK」を選択してマイナポイントの予約完了
  • 9. 続いて「申込へ」をタップ
    • 続きの手順を確認するには、このページの“マイナポイントを申し込む”までスクロールしてください
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
マイナポイントを申し込む
  • 1. マイナポイントアプリを起動する
  • 2. ログインする
    • 予約から続けて申し込む場合はログイン不要です
    • 2-1. マイナポイントアプリを起動
    • 2-2. 「マイナポイントの申込」をタップ
    • 2-3. 「マイナンバーカードでログイン」をタップ
    • 2-4. 「読み取り開始」をタップして利用者証明用パスワードを入力。スマートフォンをマイナンバーカードの上において読み込む
    • 2-5. 利用者マイページが表示されたら「申込へ進む」をタップ
  • 3. “決済サービスの選択”が表示されたらキーワード等を入力してマイナポイントに紐付けたいサービスを検索する
  • 4. 決済サービスと利用方法を確認して「選択」をタップ
  • 5. 「次へ進む」をタップ
  • 6. 利用規約を確認して同意にチェックを入れたあと「申込へ進む」をタップ
  • 7. サービスごとに異なる申込み情報を確認後、入力して「確認」をタップ
  • 8. 申込情報を確認後「申込」をタップ
  • 9. “申込を確定させます。よろしいですか?”が表示されたら「OK」をタップ
    • 申し込み後、決済サービスを変更することはできないので注意してください
  • 10. マイナンバーカードの読み取りによる本人認証を行うとマイナポイントの申し込み完了
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ新社長、サブブランドについて「まだ何も考えていない」「慎重に検討」

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ完全子会社化で携帯料金の「値下げの余力が出てくる」と発言

NTTドコモ

2020/09/29
NTT、ドコモの完全子会社化を正式発表。年度内の完了を目指す

Android

2020/09/29
Google、Netflixなど独自課金による“Google税逃れ”を規制へ。猶予は1年間
Recommendこんな記事も読まれています