bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2019年の新型iPhone、次世代無線LAN「Wi-Fi 6」に対応か〜混雑時でも高速に

iPhoneの噂・最新情報

2019年の新型iPhone、次世代無線LAN「Wi-Fi 6」に対応か〜混雑時でも高速に

Photo by Ben Geskin

昨年と同じ3モデルラインナップで今年秋に発表・発売が噂されている新型iPhone。

大きなアップデートとしてカメラのレンズ数が増えることで、撮影した写真や動画の画質アップが報じられているが、通信面でも大きなアップデートがあるかもしれない。

「Wi-Fi 6」で何が変わるか

BarclaysのアナリストBlaine CurtisがリリースしたCES 2019のレポート内で2019年に発売される新型iPhoneが次世代Wi-FiのIEEE 802.11axに対応すると予測されている。

IEEE 802.11axは、無線LANの普及促進を図るWi-Fi Allianceによって「Wi-Fi 6」と名付けられた次世代Wi-Fiで最大転送速度は6.9Gbpsから9.6Gbpsまでスピードアップする。最大の特徴は無線の電波が混雑する低速度になりやすい環境でも高速で通信できること。2.4GHzと5GHz帯の両方をサポートし、通信状況等によって出力や待機時間をコントロールすることで低消費電力に優れ、スマートフォンなど対応デバイスの電池持ちを改善することも可能だ。

MacRumorsはAppleが次世代Wi-Fiの対応に積極的としているが、2013年に発売されたAirMac Extreme/MacBook Air/MacBook Pro/iMacでIEEE 802.11acをサポートしたものの、iPhone/iPadで採用されたのは1年後に発売されたiPhone 6/iPhone 6 Plus、iPad Air2から。

4G LTEに初めて対応したのは2012年に発売された「iPhone 5」で他社より1年以上の遅れを取っており、モバイル製品の通信機能については慎重な姿勢を取っている。

ちなみに、Wi-Fi AllianceはIEEE 802.11nを「Wi-Fi 4」、IEEE 802.11acを「Wi-Fi 5」と名付けており、これらの名称は電波強度を示すアイコンとしてスマートフォン上に表示することも可能だ。iOSやAndroidではWi-Fi接続時に扇形のアイコンがステータスバーに表示されるが、それぞれの規格に応じた数字が付与されたアイコンを表示することで、現在接続しているWi-Fiの規格をひと目で見分けることも可能になる。

毎年、Appleは新型iPhoneの発売直前に次期バージョンのiOSを配信する。次期バージョンの「iOS 13」ではWi-Fiのアイコンにも変化があるかもしれない。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2019/09/17
ドコモ、10月から縛りなしプラン値下げ。dカード割でさらに割引、年会費無料に

iPhone 11

2019/09/17
iPhone 11/11 Pro、RAMとバッテリー容量が判明。キャリアから

ポケモンGO攻略

2019/09/17
ポケモンGO、イッシュ地方の第5世代ポケモンがきょうから登場

Googleニュース

2019/09/17
Google、10月15日に「Pixel 4」など発表へ。新製品発表イベント開催
Recommendこんな記事も読まれています