ポケモンGO、アップデートで失踪中の黄色リーダーが帰還。iPhone 6のクラッシュバグにも対応

bio
Yusuke Sakakura

ポケモンGO、アップデートで失踪中の黄色リーダーが帰還。iPhone 6のクラッシュバグにも対応

ポケモンGOの最新版となるバージョン0.69.1/1.39.1がiOS/Android向けにリリースされた。順次配信される今回のアップデートでは様々な不具合が解消される。失踪した黄色チームのリーダー「スパーク」も帰ってくる。

ポケモンGO、バージョン0.69.1/1.39.1のアップデート内容

ポケモンGO、バージョン0.69.1/1.39.1のアップデート内容は以下のとおり。

  • チームインスティンクト(黄色)のリーダー「スパーク」が帰還
  • CPが3000未満のポケモンにおいて「やる気」が減少する不具合を解消
  • ポケモンをキズぐすりで連続回復した時にフリーズする不具合を解消
  • レイドバトルで6匹のポケモンがすべて瀕死になった時にフリーズする不具合を解消
  • iPhone 6においてクラッシュする不具合を解消

失踪していた黄色のチームリーダーが帰還

前回のアップデート後、黄色チームにてポケモンの強さを評価してくれるリーダー「スパーク」が突然失踪する不具合が確認されていた。スパークの失踪中に代わりを務めているのは赤チームのブランシェだが、3チームの中で黄色チームは最も人気がなく、ポケモンの評価機能も普段使わない人が多いため気づかなかった人も多いかもしれない。

ポケモンGO、アップデートで黄色のリーダーが帰還。iPhone 6のクラッシュバグにも対応

黄色チームに登場する赤チームのリーダー「ブランシェ」

レイドバトルのフリーズバグが解消

レイドバトルにて6匹全員がひんし状態になるとポケモンGOのアプリがフリーズまたはクラッシュするバグも解消される。7月23日からフリーザー、ルギアといった伝説のポケモンが登場している悪いタイミングで発生してしまったが、ファイヤーやサンダーが登場する8月を前に修正された。

ちなみに、レイドバトルでは6匹がひんしになってもポケモンを回復するか、自動選択されたポケモンでレイドバトルをそのまま実行できる。このバグが発生してアプリが強制終了しても再起動後にジムを選択すればレイドバトルを続行できるが、バトルタイムは大幅に減ってしまう。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています