povo 2.0!月額0円のオールトッピングな新プランが登場。7日間760円でDAZN使い放題も

bio
Yusuke Sakakura

povo 2.0!月額0円のオールトッピングな新プランが登場。7日間760円でDAZN使い放題も

9月13日に開催されてau新サービス発表会にて、オンライン専用ブランド「povo」の新料金プラン“povo 2.0”が発表されました。9月下旬にスタートします。

“povo 2.0”は月額0円のベースプランと通話・データ・コンテンツの3種類のトッピングを必要に応じて購入して『使いたいときに“使いたい分だけ”使える』新プランです。

“povo 2.0”は月額制からトッピング制に

これまでpovoはサービス開始から20GB・月額2,728円のワンプランで提供していましたが、新料金プランの「ベースプラン」では、使い方に合わせて通話・データ・コンテンツのトッピングを選びます。

データトッピングは、1GB・7日間で390円、3GB・30日間で990円、20GB・30日間で2,700円、60GB・90日間で6,490円、150GB・180日間で12,980円、データ使い放題・24時間で330円と豊富なトッピングが選べます。

なお、データトッピングがなくなった場合は通信速度が送受信128kbspに制限されます。

povo 2.0。月額0円の新料金「ベースプラン」登場。7日間760円のDAZN使い放題パックなど

例えば、リモートワークが中心で自宅のWi-Fiを多く利用する場合は、外出時など必要なときだけ1GB・7日間のトッピングを購入して、モバイルデータ通信が中心になる通常勤務に戻ったときには20GB・30日間のトッピングを購入するといった使い方が可能です。

povo 2.0。月額0円の新料金「ベースプラン」登場。7日間760円のDAZN使い放題パックなど

コンテンツ用のデータトッピングとして7日間760円の「DAZN使い放題パック」、24時間220円の「smash.使い放題パック」も用意されます。スポーツゲームやライブ配信だけを低価格で楽しむことが可能。料金はデータ使い放題を含んだ料金です。

povo 2.0。月額0円の新料金「ベースプラン」登場。7日間760円のDAZN使い放題パックなど

通話トッピングは、すでに提供されている5分以内通話かけ放題と通話かけ放題が用意されます。

povo2.0は9月下旬スタート予定。3GB・30日間のデータトッピングを購入すると、1GB・7日間または60GB・90日間を購入すると、20GB・30日間のデータトッピングがもらえるデビューキャンペーンも実施されます。すでにエントリーがスタートしています。

なお、現行プランは「povo1.0」に変更され、2021年9月下旬に新規受付を終了します。

povo回線を永遠に寝かせることはできず、有料トッピングの購入などが180日間以上ない場合は利用停止および契約解除になるため、注意が必要です。

話題の流れ
povo

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています