楽天モバイル、auの通信障害でパートナー回線エリアで利用しづらい状況に

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2022/07/03 12:40

楽天モバイル、auの通信障害でパートナー回線エリアで利用しづらい状況に

7月2日1時35分から発生しているauの通信障害によって、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VII」をパートナー回線エリアで利用しているユーザー、およびMVNOの「組み合わせプラン」をau回線で利用しているユーザーを対象に利用しづらい状況になっています。

楽天回線エリアの人口カバー率は97%を突破

楽天モバイルでは、楽天独自の基地局を利用してサービスを提供する楽天回線エリアのほかに、auの基地局を利用してサービスを提供するパートナー回線エリアが存在しています。

データ無制限で使える楽天回線エリアの人口カバー率97%を突破していますが、建物の中や地下・トンネル、大きな商業ビルの屋内など、電波が届きにくいところでは、高速データ容量が5GBまでのパートナー回線エリアに繋がることも多いため、楽天モバイルユーザーにとってもストレスになる通信障害です。

KDDIによると、通信障害は7月2日1時35分から発生しており、音声通話およびデータ通信といったサービスが利用しづらい状況が継続中。現在も復旧作業に努めているとのこと。

パートナー回線エリアにも関わらず、電波レベルが0本になったり、圏外になるケース事象が発生するものと思われます。

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています