ソフトバンク、“SoftBank on LINE”の新ブランド名を18日に発表

Yusuke Sakakura

ソフトバンク、“SoftBank on LINE”の新ブランド名を18日に発表

ソフトバンクが3月開始予定と案内していたオンライン専用新ブランドに関する発表会を2月18日に開催する。

発表会の様子はLINEやYouTube、Twitter、Facebookなどソフトバンク公式アカウントでライブ配信される予定。発表会では新ブランドの名称が発表されるようだ。

データ容量20GB+LINEギガノーカン、月額2,980円の新ブランド

ソフトバンクが18日に発表するオンライン専用ブランドは、ソフトバンクやワイモバイルに次ぐ新しいブランドでコンセプト名“SoftBank on LINE”として発表されている。

新ブランドはウェブやLINEでのみ申込みや各種手続きが可能なオンライン専用のブランド。ショップでのサポート費用などコストを削ることで、データ容量20GBのプランを月額2,980円の低料金で提供する。

ドコモやauも同様のプランを用意するが、SoftBank on LINEはトークやLINE通話などを利用しても20GBのギガが減らない「LINEがギガノーカウント」が大きな特徴だ。

SoftBank on LINEではキャリアメールは利用できず、サービス開始当初はSIMのみ契約が可能。他社からのりかえる場合は現在使っているスマートフォンのSIMロックを解除するか、ソフトバンク回線に対応するスマートフォンを自分で用意する必要がある。

なお、動作確認機種やYahoo!プレミアム会員の無料特典の継続、まとめて支払い(キャリア決済)の対応、Apple Watchのモバイル通信サービスの対応、データくりこしなど不明なことも多い。発表会の質疑応答にていくつかのことが明かされるかもしれない。

既に先行エントリーがスタートしており、5月31日までに契約すると3,000円相当のPayPayボーナスがプレゼントされる。いち早く発表したドコモのahamoは先行申込みが100万件を突破したが、SoftBank on LINEの先行申込み数については非開示とのこと。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています