アップル、WatchOS 2を正式発表 9月16日から配信開始

bio
Yusuke Sakakura

アップル、WatchOS 2を正式発表 9月16日から配信開始

アップルは、今年6月に先行発表していたApple Watch向けのOSとして「WatchOS 2」を正式発表しました。

文字盤の機能強化、サードパーティアプリの充実、Wi-Fiサポート、アニメーション付きの壁紙やお気に入りの写真を壁紙が設定可能になるなど大幅なアップデートになります。

Apple Watch向けOS「WatchOS 2」が正式発表

WatchOS 2はネイティブアプリをサポート

「WatchOS 2」の最大の目玉となるのはネイティブアプリのサポートです。これまではiPhoneで処理されたデータをApple Watchに描画するなどカンタンなアプリのみが開発できましたが、「WatchOS 2」ではより高度なアプリケーションを利用することができます。

「Facebook Messenger」では、テキストやオーディオメッセージ、位置情報をApple Watchから送信することができます。

アップル、iOS 9を正式発表――配信日は9月14日に

「iTranslate」では、Apple Watchに話しかけると目的の言語に翻訳することができます。

アップル、iOS 9を正式発表――配信日は9月14日に

「GoPro」では、手首でGoProの映像を確認することができます

アップル、iOS 9を正式発表――配信日は9月14日に

▼WatchOS 2の新機能と変更点は以下のエントリーでまとめています。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています