Apple、「watchOS 3.2」アップデートをリリース。新機能シアターモードなど

bio
Yusuke Sakakura

Apple、「watchOS 3.2」アップデートをリリース。新機能シアターモードなど

Appleが、本日3月28日に「watchOS 3.2」をリリースしました。今回のアップデートには、新機能「シアターモード」などが追加されています。

watchOS 3.2のアップデート内容

watchOS 3.2はAppでSiriの利用が可能になり、画面をタップするまで暗くしたままにしておく“シアターモード”が導入されました。このリリースにはその他の問題の改善および修正も含まれます。

  • SiriはApp Storeで入手できるAppで動くようになり、ワークアウトの開始、メッセージの送信、支払いの実行、配車サービスの予約などに対応
  • “シアターモード”は消音モードをオンにし、手首を上げても明るくならず、画面をタップするまで暗くしたままにすることが可能
  • “走り書き”がフランス語、スペイン語、イタリア語に対応
  • ミュージックプレイリストの同期状況をiPhone上のApple Watch Appに表示することに対応

watchOSのアップデート方法

watchOSをアップデートするには、50%以上充電されたApple Watchを充電してWi-Fiに接続済みのiPhoneに近づける必要があります。

準備が整ったらiPhoneでWatchアプリを起動して「一般」→「ソフトウェア・アップデート」に進んで「ダウンロードとインストール」を選択してiPhoneのパスコードを入力して利用条件に同意すると、watchOS 3.2のダウンロードとインストールが始まります。

watchOSのアップデート方法 watchOSのアップデート方法 watchOSのアップデート方法

watchOSのアップデートが完了までには数分から1時間ほどかかる場合があります。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています