「watchOS 6」 の新機能と変更点の一部が明らかに

bio
Yusuke Sakakura

「watchOS 6」 の新機能と変更点の一部が明らかに

今年も秋に最新版が正式リリースされるであろうApple Watch向けのOS「watchOS 6」の新機能と変更点の一部がBloombergによって明らかにされた。

昨年リリースされた「watchOS 5」では心電図機能や転倒検出といった魅力的なヘルスケア機能が追加されたが、「watchOS 6」では標準アプリと文字盤が充実化しそうだ。

「watchOS 6」でアプリの直接ダウンロードが可能に

Apple Watchにアプリを追加するには、iPhoneのApp Storeから対応アプリをダウンロードするか、Watchアプリ内にあるApp Storeからアプリをダウンロードする必要があるが、watchOS 6ではApple Watchで直接アプリをダウンロードできるように、Apple Watch向けのApp Storeが追加されるようだ。

GPS+CellularモデルであればiPhoneが手元になくても外出先でアプリをダウンロード可能になるが頻繁に利用することはそこまで多くはないだろう。

一方で多くの人が待っていたであろう「ボイスメモ」アプリのApple Watch対応も実現するそうだ。手元にiPhone、iPad、Macが無くてもApple Watchでカンタンに音声を録音できるかもしれない。万が一の時の音声録音にも使えそうだ。

さらに、いざという時に便利な「計算機」アプリや手首からオーディオブックを再生できる「Apple Books」アプリ、女性向けにピルの服用を促すリマインダー機能付きの「Dose」アプリや生理周期をトラッキングする「Cycles」が追加されるとのこと。いずれもアプリ名はApple内部で呼称されているもので正式名称は異なる可能性が高い。

新しい文字盤は、ユーザーが選んだカラーをグラデーションで表示する「Gradient」、特大の数字を異なるフォントとカラーで表示する「X-Large」、アラビア数字とローマ数字を組み合わせたクラシックな「California」、リデザインされた日時計「Solar Analog」、株価や天気などのコンプリケーションをより大きく表示できる「Infograph Subdial」が追加される。

文字盤に表示できる新しいコンプリケーションには、オーディオブックの状態や補聴器のバッテリー、騒音、降雨情報を確認できるアイテムが追加されるとのこと。

さらに、iPhoneやiPadで利用できるアニ文字とミー文字がApple Watchでも利用できるそうだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています