bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

「Apple Watch Series 4」レビュー

Apple Watch

「Apple Watch Series 4」レビュー

Apple Watchシリーズ史上最大のアップデートになった「Apple Watch Series 4」が2018年9月21日に発売された。ディスプレイのベゼルが細くなり、表示エリアが30%以上広くなるなどデザインも含め大幅な進化を遂げた最新のApple Watchをレビューする。

結果から言えば買いだ。後悔することはないだろう。

GOOD

  • 格段に洗練された新デザイン
  • ひと目であらゆる情報を確認できるビッグディスプレイ
  • 大幅に高速化されたチップ
  • 強化されたヘルスケア

BAD

  • 高価格
  • 日本では利用できない心電図計測

サイズをそのままに大画面化。タッチ操作も快適に

「Apple Watch Series 4」の最大の特徴はApple Watch最大のビッグディスプレイだ。

従来のモデルでは存在感のあったベゼルを補足することで大きさを変えずに表示エリアとタッチエリアが30%以上も拡大。ディスプレイの四隅がラウンドコーナーになったことで見た目は格段に良くなり、ランニングなどワークアウト中には操作しづらかったボタンも快適に操作できるようになった。

Appleはビッグディスプレイを最大限に活かせるウォッチフェイス(文字盤)「インフォグラフ」と「インフォグラフモジュラー」も用意した。これらのウォッチフェイスは「Apple Watch Series 4」専用のスペシャル仕様で他のモデルでは利用できない。

サイズをそのままに大画面化。タッチ操作も快適に

インフォグラフ/インフォグラフモジュラーは、UV指数・空気質指標・ソーラー・心拍数・天気・ワークアウト・ストップウォッチ・タイマーなど最大8つのコンプリケーションを配置できるため、ひと目ですべての情報を確認できる。情報量もさることながらすべての文字盤の中で最もぶっ飛んでいて最もカッコいい。

より洗練されたデザイン。薄型化されたケース

これまでApple Watchは38mmと42mmの2種類がラインナップされていたが、Apple Watch Series 4で画面がビッグサイズになったことで40mmと44mmのラインナップに変更されている。

サイズが変わったことでどちらを購入するか悩む人も多いと思うがケース自体のサイズはほとんど変わっていないというのがポイントだ。これまでに購入したバンドもそのまま流用可能で38mmが40mmに、42mmが44mmに対応するため、以前のApple Watchで38mmを選択していた人は40mmを、42mmを選択していた人は44mmを選択すれば間違いはない。

より洗練されたデザイン。薄型化されたケース

変わらなかった縦横のサイズに対して、厚みは0.7mmも薄型化された。FeliCaやGPSを搭載しバッテリーが大容量化されたSeries 2で厚くなったケースが再び薄くなった形だ。薄型化によってつけ心地が劇的に変化することはないが、見た目はよりスタリッシュになっている。

細かいところでは、左側面に配置されていたマイクが右側面のデジタルクラウンとサイドキーの間に移動した。スピーカーと反対側にマイクを移動することで反響が低減され、音質が向上している。さらにスピーカーが大型化され、ボリュームが50%もアップしした。いずれもwatchOS 5の新機能「トランシーバー」の追加に伴う変更だろう。利用頻度の多いSiriの声が非常に聞き取りやすくなったのは嬉しいアップデートだ。

より洗練されたデザイン。薄型化されたケース

カラーはアルミニウムケース/ステンレススチールケースともにシルバー・ゴールド・グレイ/ブラックの3色展開。ゴールドステンレススチールケースは新色となっている。

ベゼルレスのビッグディスプレイが黒のケースに溶け込みそうなスペースブラックも考えたが、迷った末にシルバーのステンレススチールケースを選択した。2年間アルミニウムケースのゴールドを使ったが、やはりケースのカラーは控えめな方が色々なバンドと合わせやすいというのが理由だ。

より洗練されたデザイン。薄型化されたケース

より洗練されたデザイン。薄型化されたケース

再構築されたDigital Crownとガジェット感の排除

Macのマウス、iPodのクリックホイール、iPhoneのマルチタッチパネルに次ぐ、新しいユーザーインターフェースとしてApple Watchのために開発された「Digital Crown」も再構築された。

触覚フィードバックに対応した新しいDigital Crownはダイヤルを回すと指に振動が伝わるようになった。音楽のボリュームを変えたり、アプリを切り替えたり、画面をスクロールしたり、地図や写真を拡大・縮小すると反応が返ってくる。

再構築されたDigital Crown

当然、振動しているのはApple Watch本体だが、Appleは振動が指に伝わりやすいようにDigital Crownを薄型化した。薄型化によって操作しずらくなった点に対してはDigital Crown全体に溝を掘ることで対応するなど、Appleらしい細かい配慮が確認できる。

Digital Crownの薄型化はフラットになったサイドボタンと共にApple Watchからガジェット感も排除した。デザインがダサいと嘆いていたユーザーもApple Watch Series 4ならば満足できるのではないだろうか。

なお、Apple Watch Series 3では、GPSモデルが黒丸、GPS+Cellularモデルが赤丸に塗りつぶされた。これがマジでダサかったがApple Watch Series 4ではリングに変更されている。

大幅に向上した処理性能。バッテリーは最大18時間継続

幅に向上した処理性能。バッテリーは最大18時間継続

Apple Watch Series 4には64bit化を果たした新しい「S4」チップによって、Apple Watch Series 3に比べて2倍のスピードを実現し、1回の充電で最大18時間の電池持ちを可能にしたとAppleは説明する。

Apple Watch Series 2から買い替えたが処理性能の違いは明らかだ。ワークアウトなどアプリが起動するまで、「Hey Siri」と話しかけてからSiriが反応するまで、画面の描画などあらゆる場面においてすぐさま反応する。特にSeries 2は、watchOS 5へのアップデート後、ワークアウト中に手首を上げて走行距離やランのペースを確認しようとすると、画面の点灯が大きく遅れたり反応しないこともあったが、Apple Watch Series 4は遅延とは無縁だ。

Apple Watchの不満点としてあがることも多い電池持ちは大きく変わっていない。使い方にもよるが、通知の確認や数キロのランニング、通勤・通学でのSuicaなどノーマルな使い方であれば2〜3日は充電しなくても利用できる。

容量が4%増加されたバッテリーや将来的にはiPhoneにも採用されるであろう新しいディスプレイテクノロジー「LTPO」によってシリーズ最大のビッグディスプレイながら電池持ちがキープされているのは嬉しい。海外メディアのレビューでは、最大5日間持つ「Fitbit Charge HR」とApple Watchを比べて不満を述べている記事もあるが、さすがに比較対象として無理があるだろう。

転倒検出・心電図計測など大幅に進化したヘルスケア

Apple Watch Series 4は、全面セラミックとサファイアクリスタルで構成されるバックカバーの中に、第2世代にアップグレードされた光学式心拍センサーと新しい電気心拍センサーを搭載することでヘルスケア(健康管理)機能が大幅に進化した。

転倒検出・心電図計測など大幅に進化したヘルスケア

なかでも魅力的な新しいヘルスケア機能がDigital Crownに触れるだけで30秒で計測できる心電図機能だ。心臓が正常なパターンで鼓動しているか、重大な合併症につながる可能性のある心房細動(不整脈)の可能性を指摘することで万が一を未然に防ぐことができる。なお、心電図の記録はヘルスケアアプリに保存され、計測結果をカンタンに医者と共有できるため、病院での診察もスムーズに済みそうだ。

ただ、残念ながら法律の関係で日本を含む米国以外では現在のところ利用できない。認可が下りれば日本でも利用できる可能性はありそうだが。。。

日本でも今すぐ利用できる新しいヘルスケア機能として32Gまで検出する加速度センサーと進化したジャイロセンサーによって「転倒検出」が利用可能になっている。Apple Watch Series 4が転倒の動きを検出すると“ひどく転倒されたようです”のメッセージと共にアラートが表示される。

転倒検出・心電図計測など大幅に進化したヘルスケア

転倒後、無事であればアラートを解除し、怪我をした場合はその場で救急車を呼ぶこともできる。また、転倒によって骨折や脳しんとうを起こして動けない状態になった時は60秒後に自動で救急車を呼び、同時に緊急時の連絡先に位置情報付きでメッセージが送信される。なお、転倒検出はちょっとやそっとの転倒では反応しないため誤作動を心配する必要はない。

日本転倒予防学会誌のレポートによれば、高齢者の3人に1人は1年間に1度以上の転倒を経験するとされており、転倒による不慮の事故は交通事故を上回り第2位となっている。

転倒検出がデフォルトでオンになっているのは死亡事故が爆発的に増える65歳以上のユーザーだが、iPhoneのWatchアプリから手動でオンにすることも可能だ。

転倒検出は高齢者だけではなく、これからの季節、スノーボードやスキーなどウインタースポーツを楽しむユーザーも使えそう。寒い広大なゲレンデで転倒して脳しんとうや骨折で動けなくなった場合、他人に発見してもらうのは難しく早期発見されなければ凍傷も起こしてしまう。圏外エリアで事故にあった場合はApple Watchもどうすることもできないが、エリアが限定されど使えるに越したことはない。

ワークアウト

ワークアウト

watchOS 5でワークアウト機能も大幅に進化した。初代モデルの発売からずっと登場を願っていたワークアウトの開始と終了の自動検出機能がようやく追加されたのだ。

Apple Watchがワークアウトの開始を検出するとアラートが表示され、記録の開始を選択すると、記録開始前のワークアウトも加算される。また、ストップし忘れることが多いワークアウトの終了も検知してアラート表示するなど、Apple Watchでワークアウトを楽しむユーザーにとっては待望の機能だ。

また、ワークアウト記録を確認できる画面では、1分あたりの歩数を表すケイデンス(SPM)を含めた経過時間・ペース・心拍数(BPM)・走行距離といったより多くの情報が表示されるようになったが、Apple Watch Series 3以前の小さい画面では確認したい情報が見づらくなってしまった。ランニング中にApple Watchのディスプレイを確認するのは一瞬なのでApple Watch Series 4のビッグディスプレイがありがたい。

まとめ:「Apple Watch Series 4」は買うべきモデル

まとめ:「Apple Watch Series 4」は買うべきモデル

2015年に発売された初代Apple Watchは今や世界で最も売れる腕時計になり、スマートウォッチという枠を超えて腕時計の標準になりつつある。

細いベゼルによってデザインの欠点を解消し、ビッグディスプレイによって操作性も大幅に向上。1回の充電で18時間動作するスタミナ、新しい光学式の心拍センサーや加速度センサーによって大幅に改善されたヘルスケアなど、シリーズ史上最大の進化を遂げた「Apple Watch Series 4」はApple Watchの存在を腕時計の標準に押し上げる間違いなく買いのモデルだ。

今年は新しいiPhoneよりも新しいApple Watchを買うべき年と断言する。

おすすめはステンレススチールケース

Apple Watchのケース素材は光沢に違いのあるアルミニウムケースとステンレススチールケースの2種類から選べるが、オススメするのはステンレススチールケースだ。

レザー素材やメタル素材を使用したバンドは光沢のあるステンレススチールとの相性が特に良い。対するアルミニウムケースは似合うバンドの組み合わせが限られてしまう。ステンレススチールは約2万円ほど高額だがシリーズ最高の完成度を誇る「Apple Watch Series 4」ならば来年の新型モデルを見送って長く使えるはずだ。

自身はこれまでずっとアルミニウムケースを使ってきたが、ステンレススチールケースを選択して非常に満足している。

Apple公式サイトで確認する

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Pixelの噂・最新情報

2018/12/10
Pixel 3 Lite/Pixel 3 XL Liteのレンダー画像登場。両機種ノッチなしに

スマホアプリ

2018/12/10
ポケモンGO、新しい対戦機能「トレーナーバトル」はレベル40から順次解禁に

セール

2018/12/09
「Amazonサイバーマンデー2018」の注目商品まとめ〜12月11日まで開催

セール

2018/12/08
最大3%ポイント還元、Amazonギフト券に5,000円以上チャージで
Recommendこんな記事も読まれています