2016-01-08 11:46:33
  • トップページ
  • iPhone 7の噂
  • ワイヤレス化を促進、iPhone 7はワイヤレス充電に対応、イヤホン端子を廃止か
  • ワイヤレス化を促進、iPhone 7はワイヤレス充電に対応、イヤホン端子を廃止か

    例年よりも早い段階でiPhone 7の具体的な噂が続々と報じられています。中でも大きな話題となっているのはイヤホン端子を廃止するとの報道ですが、年を越しても同様の噂が舞い込んでいます。

    イヤホン端子の廃止はさらなる薄型化のため、と他所では報じられていましたが、個人的には薄型化よりも新型MacBookで進めたような「ワイヤレス化」も促進したい狙いがあるのではないかと考えていましたが、やはりそのようになるかもしれません。

    iPhone 7ではイヤホン端子を廃止、Lightning端子に移行か

    Fast Companyがアップルの計画に詳しい情報筋から得た情報によると、iPhone 7ではイヤホン端子が廃止されるほか、無線充電をサポートするとのことです。

    Apple’s next big phone—presumably called the iPhone 7—will come without a 3.5mm headphone jack, will be noticeably thinner, will very likely support wireless charging and be waterproof, a source with knowledge of the company’s plans tells Fast Company.

    引用元:It’s True: Apple Will Drop Headphone Jack To Make The iPhone 7 Slimmer, Says Source

    イヤホン端子が廃止されるiPhone 7では、ワイヤレス式のイヤホン・ヘッドホンの利用が想定されているほか、Lightning端子に対応したイヤホン・ヘッドホンを利用できるとのことです。

    iPhoneに同梱されている純正イヤホン「EarPods」は引き続き搭載されると複数のメディアが報じているとした上で、ノイズキャンセリングに対応したLightning端子の高価なイヤホンまたはヘッドホンをBeatsブランドとして展開するとしています。

    なお、Lightningに対応したヘッドホンはすでにいくつかの製品が販売されています。

    ワイヤレス充電と完全防止機能も対応か

    iPhone 7では、新たにワイヤレス充電機能が搭載されるようです。

    過去にアップルのフィル・シラーは「ワイヤレスといえど、充電器は電源と繋がっていなければならず、利便性が上がるとは思えない」と発言しましたが、昨年発売されたApple Watchはワイヤレス充電に対応しました。

    アップルは、ワイヤレス充電器の半径約1メートル内に充電可能なエリアを作り、デバイスがエリア内に入るだけで充電が可能になる特許を数年前に取得しています。この特許が製品化されれば非常に魅力的なワイヤレス充電になりそうですが、どうでしょうか。

    ワイヤレス化を促進、iPhone 7はワイヤレス充電に対応、イヤホン端子を廃止か

    アップルが取得したワイヤレス充電に関する特許のイメージ図
    引用元:United States Patent Application

    さらに、同報道では、内部の部品に特殊な化学コーティングを行うことによりiPhone 7が完全な防水に対応することも言及しています。昨年発売されたiPhone 6s / 6s Plusでは、部品の一部がシリコン製の素材でカバーされており、48時間連続で水に浸しても動作することが明らかになっています。

    イヤホンジャックの廃止については複数のメディアが報じていることから廃止の可能性は高いのかもしれません。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhone 7の噂の人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー