bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhone X / 8
  • iPhone X、顔認証「Face ID」について知っておくべき“8”のこと
  • iPhone X、顔認証「Face ID」について知っておくべき“8”のこと

    11月3日発売の「iPhone X」には、顔認証「Face ID」が搭載される。

    AppleのスペシャルイベントではFace IDについてそれなりの説明があったものの詳細はまでは明らかにされていなかったが、その後公開されたサポートページから多くの詳細が明らかになった。

    この記事では「Face ID」について知っておくべきことを8個にまとめた。

    Touch ID(指紋認証)対応アプリは「Face ID」に自動対応

    iPhone X、顔認証「Face ID」について知っておくべき“10”のこと

    顔認証「Face ID」は、App StoreやiTunes StoreといったAppleの標準アプリ以外でも利用できるが、開発者が特別な対応をする必要はなく、Touch IDをサポートしていれば自動で対応する。

    指紋認証を初めてサポートした「iPhone 5s」の発売直後は画面ロックの解除か有料アプリの購入ぐらいでしか使えなかったが、Face IDを初めて搭載する「iPhone X」では最初から多くのアプリで顔認証が利用できる。

    化粧やヒゲの変化にも対応

    iPhone X、顔認証「Face ID」について知っておくべき“10”のこと

    化粧やヒゲなど外見の変化にも「Face ID」は対応する。日本人にはあまり関係ないかもしれないが、顔いっぱいに生えたヒゲを剃るなど外見が大幅に変わった場合はパスコードを入力して本人確認した後、顔のデータを更新するようだ。

    さらに、一般的な顔認証や虹彩認証では識別不可能な帽子やスカーフ、メガネ、コンタクトレンズ、さらにはサングラスといったアクセサリの有無も正確に判別して認証する。

    屋内、屋外、真っ暗な中、あらゆる環境で認証可能

    屋内、屋外、真っ暗な中でも認証可能

    Face IDは環境を問わず動作する。屋内や屋外、さらに消灯してベッドに入った後の真っ暗な部屋でも利用できる。

    一つ心配なのは日差しの強い屋外での利用だ。赤外線を利用した虹彩認証を使用したところ、晴天時の屋外では性能が著しく低下した経験がある。

    これは周囲の明るさによって赤外線が妨害されてしまうことが原因。Face IDも赤外線を利用するがどの程度動作するのか気になるところ。

    机に置いても認証可能

    iPhone X、顔認証「Face ID」について知っておくべき“10”のこと

    Face IDは「TrueDepth カメラ」が顔を捉えれば動作する。手に持った時はもちろん、机など平面上に置いた状態でも動作するため、“カメラに顔が写る”といった条件はあるものの、Touch IDと同じように利用できる。

    子どもが利用する場合は誤認識率がアップする

    iPhone X、顔認証「Face ID」について知っておくべき“10”のこと

    誤って他人を本人と認識して認証を突破してしまう「誤認識率」はTouch IDの5万分の一に対してFace IDの100万分の一、20倍も安全性が高い。

    双子や似ている兄弟姉妹も正確に見分けるものの誤認識率は100万分の一からアップしてしまう。具体的な誤認識率は明かされていない。さらに、13歳未満の子供が利用する場合も誤認識率がアップしてしまうようだ。顔の特徴が成長途上であるためと案内されている。

    寝顔での認証を防止する「注意知覚機能」

    iPhone X、顔認証「Face ID」について知っておくべき“10”のこと

    Face IDには「注意知覚機能」が備わっていて、TrueDepth カメラが捉えた顔の目が開いていて意識してデバイスを見ているかを認識するため、目が閉じている状態では顔認証は利用できない。

    指紋認証では寝ている間に指紋を読み取って画面ロックを解除することができたが、Face IDでは寝顔を撮影して画面ロックを解除することは困難だ。

    「注意知覚機能」は顔認証以外の機能も提供する

    iPhone X、顔認証「Face ID」について知っておくべき“10”のこと

    顔の目が開いていて意識してデバイスを見ているかを認識する「注意知覚機能」は顔認証以外にも使い道が用意されている。

    例えば、iPhoneを見ていない時はディスプレイを暗くしたり、デバイスを見ているときは通知音を小さくする機能が用意されている。

    Face IDのデータはデバイス内に保存。外に出ることはない

    iPhone X、顔認証「Face ID」について知っておくべき“10”のこと

    Face IDは顔の3Dマップと赤外線イメージを数学的モデルに変換して登録済みの顔データと照合することで認証する仕組み。

    登録済みの顔データは暗号化されてデバイス内に保存されていてiCloudやその他の場所にもバックアップされることはない。唯一、デバイスの外に出ることがあるのは、AppleCareへのFace ID診断データの提出に同意した場合のみ。通常の利用においてはデバイスの外に漏れ出ることはないため安心して利用できる。

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhone X / 8の人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー