bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

au、プリペイドケータイを無料配布で純増数を拡大?!

au
au、プリペイドケータイを無料配布で純増数を拡大?!
フジサンケイビジネスアイは、auが「ぷりペイドカード」を購入して通信サービスを利用できる「ぷりペイドケータイ」を無料で配布することで純増数の拡大を図っているのではないかと報道しています。

端末を「0円」で販売する事自体にはなんの違法性もありませんが、総務省では「契約数を水増しするような販売方法は、市場競争の健全性を阻害する恐れがある」としてなんらかの対策を考えているようです。

KCP+といい、auはどうなってしまったのか?

FujiSankei Business i. 産業/KDDIプリペイド“無料配布”で純増数維持…総務省対応検討

この記事によると、auは契約獲得に向けた社員紹介キャンペーンの一環として、通話500円分のプリペイドカード付き携帯電話の端末代金と設定手数料(4200円)も無料とする販売方法を導入し、先週には社員全員に対し、知人や親戚へ勧誘するよう通知したそうです。

この他にも東京都内のauショップで「春のキャンペーン」として、プリペイドケータイに500円分のぷりペイドカードと携帯電話の端末、手数料を0円で提供しており、情報通信事業者協会が毎月集計しているキャリア別契約数によると、プリペイドケータイの契約数は各キャリアとも減少を続けてきたが、昨年12月と今年1月はauのみが急増に転じています。

2008年1月末時点の各キャリアのプリペイド契約数
キャリア名純増数累計
au2万360052万4700
NTTドコモ-3004万800
ソフトバンクモバイル-3万3600130万4700
2007年12月末時点の各キャリアのプリペイド契約数
キャリア名純増数累計
au4万180048万2900
NTTドコモ-3004万1100
ソフトバンクモバイル-3万8300126万6400

このようにauはプリペイドケータイという普通の携帯電話よりも利用者の特定が難しいサービスを使って純増数を実質拡大・操作していたようです。NTTドコモの「2in1」よりも醜いですね・・・。完全にとまでは言いませんがほぼ100%純増数を稼ぐために行っていたとしか思えません。

にコメントする コメントをキャンセル

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2019/12/12
Apple川崎、オープン日に新トートバッグなど記念品を先着で配布

Pixelの噂・最新情報

2019/12/11
Google、Pixel向けの新アップデート「feature drops」発表

Pixelの噂・最新情報

2019/12/11
Google、Pixel 4の購入特典1.6万円分のクーポン配信開始

iOS 12

2019/12/11
iOS 12.4.4、iPhone 5s/6など旧機種に“重要なセキュリティアップデート”配信
Recommendこんな記事も読まれています