NTTドコモ、FOMA用オペレータパックを開発。

NTTドコモ

NTTドコモ、FOMA用オペレータパックを開発。


NTTドコモは、FOMAの開発効率を向上させるため、Linux OS向けアプリケーションソフトウェアセット「FOMA端末用オペレータパック」の開発を2009年後半より順次開始すると発表しました。

現在、FOMAでは「MOAP」というミドルウェアをメーカーで共用し携帯電話の開発期間を短縮していますが、今回発表されたオペレータパックを使用するれば、OSとプラットフォームを組み合わせるだけでiモードなどNTTドコモが提供する独自サービスが利用可能になります。

これにより、携帯電話を開発するメーカーは、独自性を追求したり、開発費が大幅に減少されるようです。

三菱電機とソニー・エリクソンが抜けた穴をなんとしかして埋めようとしていますね。

iモード対応も容易に──LiMo仕様準拠の「FOMA端末用オペレータパック」開発へ – ITmedia +D モバイル

この記事によれば、FOMA端末向けのアプリケーションをメーカーが独自で開発する必要性がなくなるため、FOMAを開発したことがないメーカーでも比較的容易にFOMAの開発が行えるとのこと。

三菱電機とソニーエリクソンが抜けた今、NTTドコモに端末を提供するメーカーは「NEC」「Panasonic」「SHARP」「富士通」「LG電子」「モトローラ」「ノキア」の7社となっています。また、ハイエンドモデルに端末を供給しているのは4メーカーとなっています。

端末を供給するメーカーが少なければユーザーが端末を選ぶ際の選択肢が減少し、ユーザーの流出に繋がってもおかしくはありません。そこで対策を打ったようですが、オペレータパックが提供されるのは2009年後半と1年半後となり、その頃には手遅れになっていそうですが・・・。

報道発表資料 : FOMA端末用オペレータパックの開発について | お知らせ | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/080421_00.html

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの噂・最新情報

2021/01/16
iPhone 13、一部モデルでLightning廃止の噂。USB-Cも搭載せず

iPhoneの噂・最新情報

2021/01/16
Apple、折りたたみiPhoneの開発に着手。発売は何年も先?

Galaxyの噂・最新情報

2021/01/15
Galaxy S21の比較・発売日・新機能・価格・スペックまとめ

au

2021/01/15
武田総務大臣、auのpovo“最安値”に非常に紛らわしい、結局他社と同じ値段と批判
Recommendこんな記事も読まれています