bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

NTTドコモ、「パケ・ホーダイ ダブル」を発表!

NTTドコモ
NTTドコモ、段階制のパケット定額プラン「パケ・ホーダイ ダブル」を発表!
NTTドコモは本日、段階制のパケット定額プランである「パケ・ホーダイ ダブル」を発表しました。

「パケ・ホーダイ ダブル」は、月額1029円から4410円で使用できる段階制のパケット定額プランになっています。サービスの開始時期は10月1日から。

また、「パケ・ホーダイ ダブル」の開始に伴って「パケ・ホーダイ」「パケ・ホーダイフル」「パケットパック10」「パケットパック30」は2008年12月31日で新規受付が終了することになります。

ついにダブル定額がNTTドコモでも利用可能に。

ドコモ、段階制のパケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」
新パケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」および「Biz・ホーダイ ダブル」の提供を開始

この記事によると、NTTドコモは10月1日(水)より段階制のパケット定額プラン「パケ・ホーダイ ダブル」を提供するとのこと。また、同日よりスマートフォン向けの段階制のパケット定額プランである「Biz・ホーダイ ダブル」も提供されるようです。

既存の「パケ・ホーダイ」は、iモードでのパケット通信料金を月額4095円で利用でき、「パケ・ホーダイフル」は、フルブラウザ使用時は月額5985円で利用できました。

これに対して「パケ・ホーダイ ダブル」は、月額1029円から4410円で利用できます。
月間1万2250パケットまでは1029円で利用でき、それ以上は1パケット0.084円で従量課金されることになります。iモードのみ利用している場合は、上限額が4410円(5万2500パケット)となりますが、フルブラウザを利用する場合は上限額が5985円(7万1250パケット)となります。

利用イメージはこんな感じ。


「パケ・ホーダイ ダブル」を利用する際の注意点としては、パソコンなどに接続して携帯電話をモデム代わりに利用するデータ通信は定額の対象外となることです。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone 11

2019/09/20
iPhone 11の操作方法・使い方まとめ

iPhone 11

2019/09/20
iPhone 11 Pro/Pro Maxの価格・料金を比較。最も安いキャリアは?

iPhone 11

2019/09/20
ソフトバンク銀座で「iPhone 11」発売セレモニー。広瀬すず登場

Apple Watch

2019/09/20
「Apple Watch Series 5」が発売。ついに常時表示に対応したモデル
Recommendこんな記事も読まれています