NTTドコモ、HSUPA対応携帯電話プラットフォームを共同開発

bio
Yusuke Sakakura

NTTドコモ、HSUPA対応携帯電話プラットフォームを共同開発


NTTドコモは、ルネサステクノロジ・富士通・シャープの4社と共同でHSUPAやHSDPA、W-CDMA、GSMなどの通信規格をサポートするLSIの「SH-Mobile G4」を搭載したプラットフォームを共同で開発すると発表しました。

この4社はこれまでW-CDMAやGSMをサポートするプラットフォームやHSDPAをサポートするプラットフォームを共同で開発し、そして今回これまで最大384kbpsだった上り速度を最大5.7Mbpsまで押し上げるHSUPAをサポートするプラットフォームを開発することになりました。

処理速度の向上やHD対応の動画処理やグラフィックの性能向上も。

報道発表資料 : ドコモ、ルネサス、富士通、シャープの4社がHSUPA対応携帯電話プラットフォームを共同開発 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモからの発表によれば、NTTドコモとルネサステクノロジ、富士通、シャープの4社でHSUPAやHSDPA、W-CDMA、GSM、GRPS、EDGEに対応したワンチップLSI「SH-Mobile G4」を搭載した携帯電話のプラットフォームを共同で開発するとのこと。また、開発の完了は2009年第4四半期(1月~3月)としています。

SH-Mobile G4は、機能の高集積化や処理速度の向上、HD対応の動画処理、3Dグラフィックの性能向上を実現できるLSIとなっています。また、下り方向の通信速度を高速化するHSDPAに加えて上り方向の通信速度を最大384kbpsから5.7Mbpsまで高速化することが可能となっています。

また、この共同開発されたプラットフォームを採用することでメーカーが個々に独自開発する必要がなくなり、端末を開発する期間の短縮やコストの削減が見込めるようです。

プラットフォームのイメージはこんな感じです。
プラットフォームのイメージ

気になるのはどのモデルから採用されるのかなんですが、開発の完了が2009年第4四半期 – 2010年の1月~3月に完了を終えるということで恐らく速くて2010年の夏モデルとなり、これまでの通信速度を向上させているタイミングから2010年の秋冬モデルになるのではないでしょうか。

LTEのスタート時期が2010年と現時点では噂されていますが、SH-Mobile G4を搭載したプラットフォームの開発完了時期を考えるともう少し遅くなりそうですね。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています