bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

NTTドコモ、パケ・ホーダイ ダブルでPC通信時も定額に。

NTTドコモ
NTTドコモ、パケ・ホーダイ ダブルでPC通信時も定額に。
NTTドコモは、パケット通信料定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」を2009年4月1日に改定することを発表しました。

「パケ・ホーダイ ダブル」の改定内容は、携帯電話をパソコンに接続し、モデムとしてデータ通信を行った場合も定額の対象にするというものです。

しかし、全てのパケット通信定額サービスで帯域制限を実施。

報道発表資料 : パケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」を改定 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモは、2009年4月1日からにパケット通信料定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」を携帯電話をパソコンに接続し、モデムとしてデータ通信を行った場合でも定額の対象にすると発表しました。

これにより「パケ・ホーダイ ダブル」は、パケット通信料に応じて利用料金の上限が変動する2段階制のパケット通信定額プランとなっています。プランの内容は、iモード利用時は月額1029円~4410円、フルブラウザ利用時の上限は5985円、パソコンなどに携帯電話を接続してモデムとしてデータ通信を行った場合での上限は月額1万3650円となります。

また、1パケット当たりの単価は、5985円までは1パケット0.084円、それ以上は1パケット0.021円と従来通り。

これに合わせてパケット通信料の割引サービスである「パケットパック60」と「パケットパック90」は2009年3月31日で新規受付が終了となります。これらのサービスを終了させた狙いとしてNTTドコモでは「iモード利用中心で、データ通信も使う場合の割引サービスがパケ・ホーダイ ダブルのみとなり、ユーザーにとってはわかりやすくシンプルな料金体系になる」とコメントしています。

う~ん、やっぱり1万円を超えてしまうと高いと感じますね。せめて1万円以内に抑えてもらいたかったです。そして、やはり気になるのは全てのパケット通信定額サービスを対象とした帯域制限の実施ですね。帯域制限の対象となるユーザーは、パケット通信を頻繁に行うヘビーユーザーとなっていますが・・・。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2019/03/26
3分で読めるAppleの新サービスまとめ〜News+、Arcade、Card、TV+

Appleニュース

2019/03/26
「Apple TV」アプリがFire TVとMacにやって来る

iOS 12

2019/03/26
Apple、iOS 12.2をリリース。第2世代「AirPods」に対応

Appleニュース

2019/03/26
革新的なクレカ「Apple Card」が登場。Apple関連の支出は3%で即日還元、年会費なし
Recommendこんな記事も読まれています