bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソフトバンク、iPhoneの実質負担額が0円になるキャンペーンを実施。

ソフトバンク
ソフトバンク、iPhoneの実質負担額が0円になるキャンペーンを実施。
ソフトバンクモバイルは、2年契約を条件に「iPhone 3G」の端末価格を値下げし、パケット定額フルの月額上限額を4410円に値下げする「iPhone for everybody」を発表しました。

近いうちに次世代iPhoneが発表?

iPhone for everybody | SoftBank

ソフトバンクモバイルは、8GBモデルを6万9120円、16GBモデルを8万640円で販売していますが、8GBモデルを3万720円(実質負担額0円)、16GBモデルを4万2240円(実質負担額1万1520円)で販売し、パケット定額フルの月額上限額を5985円から4410円に引き下げる「iPhone for everybody」を2月27日(金)~5月31日(日)に実施すると発表しました。

また、「iPhone for everybody」を利用するにはホワイトプラン(i)を2年間契約する必要があります。
契約期間中に解約した場合やホワイトプラン(i)以外の料金プランの変更、新スーパーボーナス用販売価格以外でソフトバンク3Gケータイへ機種変更をした場合は9975円の契約解除料金が発生します。

ちなみに、すでにiPhone 3Gを利用しているユーザーは4月1日から5月31日までに申し込みをすることでパケット定額フルの上限額を引き下げる事ができます。

こうなってくるとどうしても次世代iPhoneが気になります。キャンペーンが5月31日までという事を考えると次世代iPhone6月発表説が濃厚に?

てか、iPhoneユーザーがこのタイミングでこのキャンペーンをやられてもほとんどの人が利用しませんよね・・・。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

和洋風◎ へ返信する コメントをキャンセル

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2020/07/03
2020年上半期のアプリ売上は5兆円超。全体の7割はゲームアプリ

ソフトバンク

2020/07/03
ソフトバンク、ネットでSIMカードのみ申込み可能に。手数料無料

スマホアプリ

2020/07/02
新型コロナアプリ、あす3日から接触通知を開始

Pixelの噂・最新情報

2020/07/02
Pixel 5、120Hzディスプレイ搭載か
Recommendこんな記事も読まれています