米国でAndroidがiPhoneの広告トラフィックを超える。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:24

米国でAndroidがiPhoneの広告トラフィックを超える。


Googleが買収を行ったAdMobが3月のレポートを公開。そのレポートによれば、米国内におけるAndroidの広告トラフィックが46%で、iPhoneが32%とAndroidがiPhoneを上回ったとのこと。

Webトラフィックではないのでご注意。

AdMob: Android Passes iPhone Web Traffic In U.S.

AppleのiAdの発表はAdMobの驚異になるかと見られましたが、このデータを見る限りでは米国の広告主はすでにAndroidへシフトしていると見られ、GoogleまたはAdMobにとって予想されていた程の驚異にはならないかもしれません。

元々、Android OSが多売でiPhone OSは少売という販売または開発体系を取っている限り、トラフィックをAndroidが占める割合が多くなるのは当たり前なんですが、海外のAndroid元年は昨年で、始まったばかりだったのに今年になっていきなりiPhoneを抜かしてしまったという速さに驚きです。

というものの、日本ではまだまだiPhoneがメインでドコモからXperiaが、ソフトバンクからはDesireが発売され、Androidはようやく始まったのかなーという様子。今後日本でどういった動きを見せるのか注目です。
コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています