ドコモ、「海外パケ・ホーダイ」を発表。

Yusuke Sakakura

ドコモ、「海外パケ・ホーダイ」を発表。


NTTドコモが海外でもパケット通信が定額で利用できる「海外パケ・ホーダイ」を9月1日(水)より提供を開始すると発表しました。

6月にソフトバンクモバイルが海外パケット定額サービスを先駆けて発表しましたが、これをNTTドコモが追従する形となりました。

設定を誤るとパケ死するので注意。

報道発表資料 : 海外パケット定額サービス「海外パケ・ホーダイ」の提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

「海外パケ・ホーダイ」は海外でのパケット通信を定額で利用できる定額サービス。利用料金はソフトバンクモバイルが発表した「海外パケットし放題」同様に最大日額1980円となりますが、2011年3月31日までは日額1480円で利用でき、2011年4月1日移行は1日20万パケットまで日額1980円で、20万パケット以降は日額2980円となります。事前の申込は不必要。

1パケットは50パケットまで50円、50パケット以上は1パケット0.2円、スマートフォンやデータ通信は1パケット0.2円となります。

定額の対象となるのはiモードやiモードフルブラウザ、スマートフォンでのパケット通信、ケータイ端末をモデムとして利用した際のパケット通信全てが対象となりますが、米国ではAT&T、台湾ではFETなど特定の事業者に接続した場合適用となります。端末の設定でローミングの接続先を自動接続に設定していると電波の最も強い事業者に接続されるため、注意が必要となります。

また、基本的に国内でパケット定額サービスまたはデータ定額サービスを契約するユーザーのみが利用可能となっていますが、11月30日(火)までは全ユーザーが利用可能となっています。

「海外パケ・ホーダイ」の対応エリアは以下のとおり。


ソフトバンクモバイルの「海外パケットし放題」との違いは最高日額課金時の条件ですね。「パケットし放題」の場合は、動画などのリッチコンテンツをダウンロードした時に最高日額課金となり、「海外パケ・ホーダイ」の場合は1日20万パケット以上使った場合に最高日額課金となります。

追記 10/08/03 21:04
コメントにてソフトバンクモバイルの「海外パケットし放題」はデータ通信は定額対象にならないが、ドコモの「パケットし放題」はデータ通信もパケット定額対象になると指摘いただきました。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

Twitter

2021/05/05
新着記事
Twitter、広告ブロックサービス「Scroll」買収。自社サブスクで提供へ

Pixelの噂・最新情報

2021/05/05
新型フルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を誤ってGoogleが発表→削除

Android

2021/05/04
Android、2021年5月のセキュリティアップデート配信開始

iOS 14

2021/05/04
iOS 14.5.1配信開始。Appトラッキングの透明性に関する不具合を修正
Recommendこんな記事も読まれています