bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、Androidマーケットのキャリア決済をスタート!

NTTドコモ

NTTドコモは、spモードのコンテンツ決済サービスをAndroidマーケットでも利用可能にすると発表しました。

対応機種は「Optimus Pad L-06C」を除くspモード対応全機種となります。

申し込み不要でアプリ購入時にspモードのパスワードを入力するだけで利用可能です。

コンテンツ決済サービス | サービス・機能 | NTTドコモ

spモードの「コンテンツ決済サービス」は、コンテンツ料金を毎月の携帯電話利用料金に合算できるサービス。
今回、コンテンツ決済サービスがAndroidマーケットに対応したことにより、Androidマーケットで購入したAndroidアプリの代金を携帯電話の利用料金に合算することが可能になります。

コンテンツ決済サービスの対象になるアプリは、日本円で販売されているものに限られます。また、毎月の利用限度額は1万円になるとのこと。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone XS / XS Max

2018/09/25
iPhone XS/XS Max、Wi-Fiや4G/LTEの通信が不安定になる不具合発生か

iOS 12

2018/09/25
Apple、リアルタイムのボケ調整機能を「iOS 12.1」で追加へ

お役立ちコンテンツ

2018/09/25
macOS Mojaveの「ダークモード」の使い方〜キーボードショートカットの作り方も

Apple Watch

2018/09/25
「Apple Watch Series 4」レビュー
Recommendこんな記事も読まれています