bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、Androidマーケットのキャリア決済をスタート!

NTTドコモ

NTTドコモは、spモードのコンテンツ決済サービスをAndroidマーケットでも利用可能にすると発表しました。

対応機種は「Optimus Pad L-06C」を除くspモード対応全機種となります。

申し込み不要でアプリ購入時にspモードのパスワードを入力するだけで利用可能です。

コンテンツ決済サービス | サービス・機能 | NTTドコモ

spモードの「コンテンツ決済サービス」は、コンテンツ料金を毎月の携帯電話利用料金に合算できるサービス。
今回、コンテンツ決済サービスがAndroidマーケットに対応したことにより、Androidマーケットで購入したAndroidアプリの代金を携帯電話の利用料金に合算することが可能になります。

コンテンツ決済サービスの対象になるアプリは、日本円で販売されているものに限られます。また、毎月の利用限度額は1万円になるとのこと。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています