bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、SIMロック解除サービスをスタート!~SIMロック解除で気をつけるべきこと~

NTTドコモ

NTTドコモでは予定通り本日、4月1日よりSIMロックの解除サービスをスタートします。

これにより、NTTドコモが本日以降に発売する端末は原則SIMロックが解除可能になり、3150円の手数料を支払うことでSIMロックを解除することが可能になります。

microSIMカードの発売も。

NTTドコモでは、端末をSIMロック解除可能にするだけでなくSIMカードの単体販売もスタートします。

SIMカードの単体販売は、3G(W-CDMA)通信可能なFOMAカード、LTEを利用出来るXi用のUIMカード、そしてドコモminiUIMカード(microSIMカード)の3種類のSIMカードを販売するといったもの。

SIMロック解除の注意点。
NTTドコモが端末をSIMロック解除可能にすることにより、NTTドコモから発売された端末を他キャリアの料金プランで利用することが可能になります。例えば「Xperia arc」にソフトバンクモバイルのSIMカードを挿してホワイトプランで端末を利用するなど。(Xperia arcはSIMロック解除対応端末ではないため、実際は不可能)

しかしながら、NTTドコモの端末で利用出来るSIMカードは、国内のキャリアでは同じW-CDMA方式を採用しているソフトバンクモバイルとイー・モバイルのみ。auはCDMA 2000を採用しているため、利用不可となります。

また、端末の対応している周波数帯がSIMカードの対応している周波数帯でないと利用することができません。
例えばイー・モバイルは1.7GHz、ソフトバンクモバイルでは2GHzを利用しています。NTTドコモの端末のほとんどは1.7GHzや2GHzといった周波数帯をサポートしており、これから発売する端末についてもサポートすると考えられるため、ほとんどのNTTドコモの端末にイー・モバイルまたはソフトバンクモバイルのSIMカードを挿して利用することは可能で、イー・モバイルとソフトバンクモバイルがSIMロックの解除を行えばNTTドコモのSIMカードをイー・モバイルまたはソフトバンクモバイルの端末に挿して利用することが可能になります。

しかし、NTTドコモのSIMカードを海外製の端末に挿して利用する場合や海外のキャリアのSIMカードをNTTドコモの端末に挿して利用する場合は、周波数帯を特に気にする必要があります。

次は、キャリアのサービス。当然のことながらキャリアのサービスはSIMカードに依存することになります。端末はソフトバンクだけどSIMカードはドコモであるため、キャリアメールのアドレスはドコモになり、iモードやspモードが利用可能、MMSは利用不可といった具合になります。

最後にAPN。APNはユーザが手動で設定する必要があり、間違ったAPNに接続するとパケット定額のプランを契約しているにもかかわらず定額適用外のAPNに接続してしまったがために高額の利用料金を請求される可能性があります。

SIMロック解除の端末を利用する場合は、特にAPNに注意して利用する様にしましょう。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE

2019/07/23
LINE、月額240円でスタンプ使い放題のサブスク開始

LINE Pay

2019/07/23
LINE Pay、ロゴをリニューアル。7月末から

LINE Pay

2019/07/23
セブンイレブン、第2弾合同キャンペーンを実施。最大1,500円を還元

Pixelの噂・最新情報

2019/07/23
Google、路上にて顔データを5ドルで購入か。Pixel 4に3D顔認証を搭載へ
Recommendこんな記事も読まれています