bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

NTTドコモ、今秋以降にXi対応のタブレットPCとスマートフォンを発売?

NTTドコモ

NTTドコモが下り37.5Mbps(一部の屋内では75Mbps)のLTEに対応した富士通製のタブレットPCを今秋に、サムスン電子製のスマートフォンを今冬に発売するのではないかと日本経済新聞が報じています。

ソフトバンクモバイルでは2~3年後に新機種が全てスマートフォンに?

日本経済新聞が伝えている内容は以下。

ドコモは2011年度の出荷台数の3分の1にあたる約600万台、12年度には過半の約1000万台をスマートフォンとする計画。通信速度が現行の5倍以上の高速携帯電話サービス「LTE」に対応した端末を発売。現在はパソコンなどに差し込むカード型端末のみだが、今秋に富士通製のタブレット(多機能携帯)端末、冬には韓国サムスン電子製のスマートフォンを投入する。
情報元:スマートフォン、携帯新機種の半分以上に  :日本経済新聞


また、ワイヤレスで充電が可能なシャープ製のスマートフォンが発売されることや、auではWiMAXをサポートした端末を2011年度中に3台以上をリリースする予定で、ソフトバンクモバイルでは2~3年後には新機種のラインナップが全てスマートフォンになると報じています。

夏にはワイヤレス充電できるシャープ製スマートフォンも出す。
 KDDIは11年度、通信速度が現行の5倍の「WiMAX」技術を搭載したスマートフォンを3機種以上投入する。30~40機種の新製品の半分以上をスマートフォンとする。ソフトバンクモバイルは今秋にも米アップルの「iPhone(アイフォーン)」の新型機を発売。米グーグルのOS「アンドロイド」を採用したスマートフォンも増やす。2~3年以内に新機種のすべてをスマートフォンとする方針だ。
情報元:スマートフォン、携帯新機種の半分以上に  :日本経済新聞


キャリアの狙いとしては、スマートフォンではアプリなどのダウンロードやインターネット接続ではPC向けのサイトを閲覧することになるため、通信容量はフィーチャーフォンよりも多くなり、現在提供しているHSDPAなどの通信規格よりも速い通信規格を訴求することでLTEやWiMAXなどの最新の通信規格への移行を進めるというものだと思います。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています