bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモSIMでSIMフリーサービスを利用した場合のパケット上限額が変更。1万395円→5460円~5985円に。

NTTドコモ

NTTドコモがドコモSIMを他キャリアのSIMロックフリー端末で利用した場合のパケット料金の改定を行いました。

これまでは、他キャリアのSIMロックフリー端末にドコモSIMを装着した場合のパケット上限額は1万395円となっていましたが、他キャリアのSIMロックフリー端末がテザリング非対応であると確認できた場合、5460円~5985円でパケット通信を利用することができます。

利用しやすい価格に!

情報元:他社製品の携帯電話機などをドコモのSIMカードでご利用する際の手続き | お客様サポート | NTTドコモ

これまではドコモSIMを他キャリアのSIMロックフリー端末で利用した場合、パケ・ホーダイ ダブル、パケ・ホーダイ シンプル、パケ・ホーダイフラット、パケ・ホーダイ ダブル2を契約していたとしても上限額は1万395円限定でしたが、8月31日以降はSIMロックフリー端末がテザリング非対応とドコモが認定した場合、パケ・ホーダイ ダブル、パケ・ホーダイ シンプル、パケ・ホーダイ ダブル2は月額5985円で、パケ・ホーダイ フラットは月額5460円で利用することが可能です。

現時点で対象となる端末はソフトバンクモバイルの「008Z」の内、製造番号の頭8ケタが35732604の端末のみです。

なお、パケ・ホーダイやパケ・ホーダイ フル、Bizホーダイといったプランを契約している場合は、これまでどおり従量制となります。

1万395円となると、価格的にSIMフリーサービスを利用するのに抵抗がありますが、5000円台となると抵抗感も無くなり、かなり利用しやすくなりますね。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2019/04/25
任天堂、新作アプリ「マリオカートツアー」のテスト参加者を募集

PayPay

2019/04/25
PayPay、月替りでおトクなキャンペーン「ワクワクPayPay」を6月から実施〜LINE Payに対抗

PayPay

2019/04/25
PayPay、還元率を6倍の最大3%にアップへ。新しいくじ「PayPayチャンス」も

AirPods

2019/04/25
AirPods 3、新デザイン採用で早ければ2019年末に発売か
Recommendこんな記事も読まれています