2012年3月度の携帯電話契約者、純増数1位は過去最高の純増数を記録したソフトバンク。

bio
Yusuke Sakakura

2012年3月度の携帯電話契約者、純増数1位は過去最高の純増数を記録したソフトバンク。

Photo By [puamelia]
3月は学生の新規契約や新社会人の買い替えが頻繁に行われたことにより、各社純増数が先月よりも多くなっています。
2012年3月度の携帯電話契約者数では、1位がソフトバンクモバイルの60万3000件、2位がauの43万7300件、3位がドコモの25万2700件となりました。

ソフトバンクモバイルは過去最高の純増数(同社内)となり、1ヶ月のスパンだけでなく第4四半期でも過去最高を記録したようです。過去最高の純増数の要因はやはり新しいiPadの発売とiPhone 4Sがロングヒットを記録していることがあげられます。まだまだ勢いは止まりそうにないですね。

auはアプリが月額390円でダウンロードし放題になる「auスマートパス」が好調であることやソフトバンクと同じくiPhone 4Sのロングヒットにより純増数を伸ばしています。また、iPhone 4SはIOS 5.1のアップデートでついにFaceTimeやiMessageがサポートされ、今後更に契約者数を稼ぐことになりそうです。

ドコモは3月末にmovaが終了したことにより、16万件の契約が自動的に解除されたことが影響して純増数を伸ばせませんでした。ただ、movaの純減を除いても純増数は41万件となり3位という結果は変わりません。MNPにおいても14万5900件の転出超過となっており、他キャリアへのユーザー流出には歯止めがかかっておらずまだまだ純増数最下位は抜け出せそうにありませんね。

情報元
事業者別契約数(2012年03月末現在)|社団法人 電気通信事業者協会(TCA)

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています