「CommuniCase」はspモードメールアプリの約6割でできている!

bio
Yusuke Sakakura

「CommuniCase」はspモードメールアプリの約6割でできている!


昨日リリースされたNTTドコモの新メーラー「CommuniCase」。現行の「spモードメール」アプリがひどいことからかなり期待されていましたが、対応機種が一部に限られて提供されたことからアプリの出来がどうこう言われる前に評判を落としています。個人的にはク●重かったあのメーラーがある程度のところまで軽くはなったのでファーストインプレッションはまずまずといった感じ。

そして、もう1つ「CommuniCase」を大きく評価しても良い点があるんですよ。
「CommuniCase」の大きく評価しても良い点というのはアプリのサイズです。

現行の「spモードメール」アプリの容量は約17MBとかなり大きいサイズになっています。SDカードへの保存もできないので内部メモリの容量の少ない機種にとってはかなりキツイアプリでした。


一方で「CommuniCase」の容量は約11MBと6MBも小さくなっています。


内蔵メモリが少ないモデルを利用のユーザーは「CommuniCase」へ完全移行してしまった方が良いでしょうね。ただ、spモードメールに対応しているモデルが少ないのでドコモにはアップデートで対応機種を拡大して欲しいところです。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています