ドコモ次期社長も「iPhoneは現状では難しい」

NTTドコモ

ドコモ次期社長も「iPhoneは現状では難しい」

Photo By DaveOnFlickr
NTTドコモの次期社長に内定している加藤氏(現常務)と山田氏(現社長)が会見を行い、加藤氏は会見の場でオープンなOSを使ってユーザーが選ぶ端末を提供したいとコメントしました。
加藤氏は社長就任にあたり、「スピードとチャレンジを掲げて魅力的な端末とサービスを提供していきたい」「オープンなOSを使ってユーザーが選ぶ端末を提供したいと」とし、iPhoneについては現状では導入は難しいとしました。

先月は山田氏がiPhoneの販売におけるノルマやdメニューなどのドコモの独自コンテンツをiPhoneで展開が難しいことを理由にiPhoneの販売は難しいとしていました。社長入れ替わりでちょっとは期待できるのではと思っていましたが、加藤氏についても同じ方針のようですね。

ただ、前回も言ったとおりドコモまでiPhoneの販売を手がけることとなれば販売ノルマから日本の携帯電話市場はほとんどiPhoneで埋め尽くされることとなってしまい、それはそれでかなりつまらない状況になってしまうので、個人的には現状のままで良いのかなと。

ちなみに、加藤氏は6月の株主総会後に正式に社長に就任し、山田氏は相談役に就任することとなります。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの噂・最新情報

2021/01/21
Apple、今年は「iPhone 12s」を発売?13を飛ばす理由とは

Android

2021/01/21
Android 12、自動で容量節約できるアプリ休止機能が登場か

格安SIM

2021/01/20
MVNO委員会、ahamo対抗は「極めて困難」。接続料の引き下げを強く要求

キャッシュレス

2021/01/20
スマホ決済調査、d払いの利用急増。PayPayはダウン
Recommendこんな記事も読まれています