bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、Xi(クロッシィ)の下り最大75Mbps対応エリアを2013年6月までに拡大へ。

NTTドコモ

NTTドコモは2013年6月末までに下り最大75Mbpsで通信可能な対応エリアを拡大する計画にあるようです。
情報元
ドコモ、LTE基地局増強-75メガビット型、6月めど1万局:日刊工業新聞

Xi(クロッシィ)の現状

NTTドコモが展開するLTEを通信規格に採用したXi(クロッシィ)では、下り最大100Mbps(112.5Mbpsで提供しているが、端末側でサポートされていない)で通信することが可能ですが、対応エリアはごく一部となっており、さらに、下り最大75Mbpsで通信可能なエリアも基地局による、という状況になっています。

そのため、対応エリアによらず全国で利用できる通信速度は下り最大35Mbpsというのが現状です。

2013年6月末までに75Mbps対応基地局を1万局に増局

日刊工業新聞によれば、NTTドコモは2013年3月末までにLTE環境下にて下り最大75Mbpsの対応基地局を4000局に増局し、さらに2013年6月末までに1万局に増局することで、全体で2万3000局あるLTEの基地局のうち1/3を下り最大75Mbpsに対応させるようです。

他社を追いかけるNTTドコモ

通信規格にLTEを採用したXi(クロッシィ)を他のキャリアよりも約2年先駆けて提供し、対応エリアに関しては他キャリアよりも優れていますが、通信速度を下り最大75Mbpsに絞った対応エリアは他のキャリアよりも優れているとは言えない状況にありますね。

この状況を打開すべく、下り最大75Mbpsの対応エリア拡大や以前お伝えした2014年度に向けて通信速度を現在の5倍に押し上げる計画にあるのかもしれませんね。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2019/07/17
ドコモ、iPhone XSやGalaxy S9など人気のスマホ5機種を最大1.9万円値下げ

スマホアプリ

2019/07/17
東京ディズニーランド/シー、公式アプリでファストパスが取得可能に

iPadの噂・最新情報

2019/07/17
Appleのレインボーロゴ復活か。一部の新製品で年内にも

セール

2019/07/16
4ヶ月99円、音楽聴き放題の「Amazon Music Unlimited」キャンペーンは今日まで
Recommendこんな記事も読まれています