2012年12月の携帯電話契約数、ソフトバンクモバイルが12ヶ月連続首位に。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:26

2012年12月の携帯電話契約数、ソフトバンクモバイルが12ヶ月連続首位に。


TCAが2012年12月度の携帯・PHS契約数を発表しました。発表された内容から12ヶ月連続でソフトバンクモバイルが純増数トップを、auがMNPでトップを獲得するしたことが明らかになっています。
情報元
事業者別契約数(2012年12月末現在)|社団法人 電気通信事業者協会(TCA)

ドコモ、IGZOスマホやKindleによりマイナスから大幅純増に。

2012年12月の純増数において首位を獲得したのは27万4700件でソフトバンクモバイル、2位は23万9200件でau、3位は23万5100件と僅差でNTTドコモとなりました。

2012年11月度の純増数では-4万800件とマイナスを記録してしまったNTTドコモですが、12月はauと僅差に迫っています。

要因として、BCNが発表する携帯電話・スマートフォン販売ランキングでは12月は「iPhone5」の販売台数が鈍り、「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」や「Xperia AX SO-01E」が好調を記録していることや12月に発売された「Kindle Fire」「Kindle Fire HD」といった電子書籍デバイスがNTTドコモの回線を契約していることでしょう。

ただ、2013年1月の純増数ではKindleで押し上げられた分が減ることとなり、再び差をつけられて3位となる可能性が高い言えます。

MNPは以前としてauが好調をキープ

MNPではauが10万2400件の転入超過、ソフトバンクモバイルが3万900件の転入超過、ドコモが13万2100件の転出超過となっています。

iPhone5の発売以降、auとソフトバンクがドコモユーザーを奪い合うという状況が続いており、販売台数が好調な「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」と「Xperia AX SO-01E」でも歯止めを効かせることはできなかったようです。

ドコモが転出超過を止めるためにはやはりiPhoneを投入するしかないのかもしれませんね・・・。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています