76万件の個人情報を流出させたAndroidアプリが「全国共有電話帳アプリ」として復活。

Androidおすすめアプリ

76万件の個人情報を流出させたAndroidアプリが「全国共有電話帳アプリ」として復活。


昨年10月にインストールされた端末から電話帳に登録されている個人情報を外部に送信する「全国電話帳アプリ」が公開され、76万件の個人情報が流出したことで話題となりましたが、同アプリが「全国共有電話帳アプリ」として復活していました。

絶対にインストールしてはいけない「全国共有電話帳」

以下のアプリの説明を参照すると一見便利なアプリに思えますが、このアプリは絶対インストールしてはいけません。

2800万件を越える電話帳データベースから、日本全国の法人、個人の名前・電話番号・住所を検索します。
姓名、市区町村名、字名を手がかりに人探しをすることができます。また、「苗字でポン」機能により、特定の苗字が多い地域をランキング表示することができます。


というのも、「全国共有電話帳」をインストールした時点で電話帳に登録されている登録氏名、電話番号、住所などのデータと共にGPS情報が外部に送信されてしまいます。

★ 全国共有電話帳で検索可能な電話帳データベースの充実のために、アプリ利用者の端末の電話帳とGPSの情報をデータベースサーバーに送信し、利用します。 ★


インストールした本人の個人情報ならば自己責任の範疇ともいえますが、他人の個人情報までGPS情報とともに外部送信され、近親者にまで迷惑をかけることとなってしまいます。また、個人情報を流出させたという点では開発者と同等またはそれ以上に悪質と思われても仕方がないので、必ずインストールしないようにしましょう。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Twitterニュース

2021/02/26
Twitterで収益化。月500円の投げ銭“スーパーフォロー”発表

NTTドコモ

2021/02/25
ドコモ社長、ahamoの値下げ「やらない」と明言。先行申込は150万超

au

2021/02/25
au、新プラン3月1日開始。最大2,070円値下げ、Netflixも価格改定

au

2021/02/25
auショップ等、LINE設定やデータ移行に2000円。有料の店頭サポート開始
Recommendこんな記事も読まれています