bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

NTT社長、ドコモは「iPhoneを取り扱うかどうかも含めて戦略を見直すべき」

NTTドコモ

NTTドコモの親会社であるNTT代表取締役社長の鵜浦氏がiPhoneを取り扱うかどうかも含めて販売戦略の見直しが必要であるという認識を示しました。
情報元
NTT社長 ドコモは販売戦略見直しを NHKニュース

鵜浦氏はドコモの決算不振の原因がiPhoneにあることを受けて、「大きなブランドに苦戦している状況は今も変わらない。」「販売戦略は変化の時期にそろそろ来ている」とコメント。

さらには「私自身はユーザーのニーズに答えることも必要だという思い出ドコモと意見交換している」とし、iPhoneを取り扱うかどうかも含めて販売戦略を見直すことが必要との認識を示しました。

NHKではドコモ社内にはドコモがiPhoneを発売すれば国内メーカーが深刻な販売不振に陥ると懸念があるとしています。

iPhoneに対抗できるのはiPhoneのみ?

ドコモではこれまで何度も対iPhoneのスマートフォンをリリースしてきましたが、発売直後は販売ランキングでiPhoneを上回ることもあり、惨敗とまでは言えませんが、iPhoneの様に複数年売れるスマートフォンをリリースできず、結果は失敗に終わっています。

原因はAndroidにあったり、続々リリースされる体系にあったりしますが、全てを解消できるのはiPhoneであり、iPhoneに対抗できるのはiPhoneしかないのかもしれませんね。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINEモバイル

2019/02/20
LINEモバイル、本田翼さん起用の新テレビCMを公開

Galaxyの噂・最新情報

2019/02/20
折りたたみスマホ「Galaxy Fold」のプレス画像が発表直前で流出

キャッシュレス

2019/02/20
メルペイ 、3月中旬にQRコード決済に対応。Android版は2月末以降に

LINEモバイル

2019/02/20
LINEモバイル、誰でも参加できる1年間・月額無料のキャンペーンをスタート
Recommendこんな記事も読まれています