NTT社長、ドコモは「iPhoneを取り扱うかどうかも含めて戦略を見直すべき」

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:26

NTT社長、ドコモは「iPhoneを取り扱うかどうかも含めて戦略を見直すべき」


NTTドコモの親会社であるNTT代表取締役社長の鵜浦氏がiPhoneを取り扱うかどうかも含めて販売戦略の見直しが必要であるという認識を示しました。
情報元
NTT社長 ドコモは販売戦略見直しを NHKニュース

鵜浦氏はドコモの決算不振の原因がiPhoneにあることを受けて、「大きなブランドに苦戦している状況は今も変わらない。」「販売戦略は変化の時期にそろそろ来ている」とコメント。

さらには「私自身はユーザーのニーズに答えることも必要だという思い出ドコモと意見交換している」とし、iPhoneを取り扱うかどうかも含めて販売戦略を見直すことが必要との認識を示しました。

NHKではドコモ社内にはドコモがiPhoneを発売すれば国内メーカーが深刻な販売不振に陥ると懸念があるとしています。

iPhoneに対抗できるのはiPhoneのみ?

ドコモではこれまで何度も対iPhoneのスマートフォンをリリースしてきましたが、発売直後は販売ランキングでiPhoneを上回ることもあり、惨敗とまでは言えませんが、iPhoneの様に複数年売れるスマートフォンをリリースできず、結果は失敗に終わっています。

原因はAndroidにあったり、続々リリースされる体系にあったりしますが、全てを解消できるのはiPhoneであり、iPhoneに対抗できるのはiPhoneしかないのかもしれませんね。
コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています