ブラックベリー、日本から撤退。個人向けにデバイス提供から約4年で

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:26

ブラックベリー、日本から撤退。個人向けにデバイス提供から約4年で


Photo By berrytokyo
ブラックベリーが日本市場から撤退する方針であることを明らかにしました。同社は「BlackBerry」ブランドを展開して、米国を中心に人気を誇り、国内では他メーカーよりいち早く投入されたスマートフォンでもあります。
情報元
ブラックベリー、日本撤退 アップルに対抗できず  :日本経済新聞

iPhoneとAndroidに対抗できず

日本経済新聞によれば、ブラックベリーは国内市場から撤退する方針を固めたとのこと。全盛期は国内シェアで5%を誇りましたが、現在は1%を切って0.3%に落ち込んでいると伝えています。

ブラックベリーは2006年に日本市場に参入。同年にNTTドコモにて法人向けの取り扱いを始め、2008年からは個人向けにも販売を開始していました。

当時米国で最も人気のあるスマートフォンで、ハードキーボードを搭載したBlackBerryは多くの注目を集めましたが、2008年にソフトバンクモバイルが「iPhone 3G」を国内向けに投入。

2009年にはソフトバンクモバイルが「iPhone 3GS」を、さらにNTTドコモが国内初のAndroidスマートフォンとなる「HT-03A」を投入し、ソフトウェアキーボードをスタンダードにすると、販売台数を徐々に落としていくことになりました。

直近では1月30日に社名をRIMからブラックベリーに変更し、最新のOSである「ブラックベリー10」と同OSを搭載した最新機種「Z10」と「Q10」を発表していました。
コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています