bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Chrome Beta、低速通信時も快適にページを表示できる「データ圧縮機能」をサポート!

Androidおすすめアプリ

正式版に搭載する前に最新機能をいち早く利用できる「Chrome Beta」向けにデータ圧縮機能が提供されました!

ダウンロードするデータを小さくして表示速度を高速化!

今回「Chrome Beta」に提供されたデータ圧縮機能はOperaで提供されている「Opera Turbo」の様にデータを圧縮することで表示速度を向上させるというもの。

仕組みとしては画像やテキストなどのコンテンツをアプリ側にダウンロードする前にGoogleのサーバでデータ圧縮が行われ、ダウンロードするデータ容量が削減されるというものです。


Chrome Betaでデータ圧縮機能を利用するには

データ圧縮機能を利用するには検索バーにて「chrome://flags」を入力します。


「Enable Data Compression Proxy Android」にて「有効にする」をタップします。


その後、Chrome Betaを再起動することでデータ圧縮機能が適用されます!


「Opera」のデータ圧縮機能を利用するとレイアウトが崩れたりしますが、「Chrome Beta」ではそういったことはありませんね。


ただ、実際に表示速度が速くなったかと言われると「よくわからん」というのが正直な感想ですが、レイアウトも崩れないしダウンロードするデータ容量が小さくなるのであればONにしておきたいところです。

もちろんHTTPSなどセキュア通信の場合はGoogleのサーバを経由しないため、データ圧縮は適用されません。

Chrome Beta – Google Play の Android アプリ

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2018/10/19
「Tweetbot 5 for Twitter」登場。新しいアプリアイコン、有機ELに最適化されたダークテーマなど

Appleニュース

2018/10/19
速報:Apple、10月30日に新型iPad Pro発表へ スペシャルイベントの開催を告知

au

2018/10/18
2018-2019秋冬春モデルの価格・発売日・予約日まとめ(ドコモ・au・ソフトバンク)

au

2018/10/18
au、Xperia XZ3の価格を発表。一括9.9万円、実質4.9万円に
Recommendこんな記事も読まれています