bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Chrome Beta、低速通信時も快適にページを表示できる「データ圧縮機能」をサポート!

Androidおすすめアプリ

正式版に搭載する前に最新機能をいち早く利用できる「Chrome Beta」向けにデータ圧縮機能が提供されました!

ダウンロードするデータを小さくして表示速度を高速化!

今回「Chrome Beta」に提供されたデータ圧縮機能はOperaで提供されている「Opera Turbo」の様にデータを圧縮することで表示速度を向上させるというもの。

仕組みとしては画像やテキストなどのコンテンツをアプリ側にダウンロードする前にGoogleのサーバでデータ圧縮が行われ、ダウンロードするデータ容量が削減されるというものです。


Chrome Betaでデータ圧縮機能を利用するには

データ圧縮機能を利用するには検索バーにて「chrome://flags」を入力します。


「Enable Data Compression Proxy Android」にて「有効にする」をタップします。


その後、Chrome Betaを再起動することでデータ圧縮機能が適用されます!


「Opera」のデータ圧縮機能を利用するとレイアウトが崩れたりしますが、「Chrome Beta」ではそういったことはありませんね。


ただ、実際に表示速度が速くなったかと言われると「よくわからん」というのが正直な感想ですが、レイアウトも崩れないしダウンロードするデータ容量が小さくなるのであればONにしておきたいところです。

もちろんHTTPSなどセキュア通信の場合はGoogleのサーバを経由しないため、データ圧縮は適用されません。

Chrome Beta – Google Play の Android アプリ
プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone SE

2018/07/19
LINEモバイル、「iPhone SE」の販売開始。価格は30,800円から

スマホアプリ

2018/07/19
最大1,000円オフ、ドラゴンクエストVII・VIIIの期間限定セールが開催中

インスタグラム

2018/07/18
インスタグラム、新しい2段階認証を近くリリース。SMS・電話番号不要に

iPhoneの噂・最新情報

2018/07/17
新型iPhone、3モデルの画面パーツ流出。すべて顔認証「Face ID」に
Recommendこんな記事も読まれています