パズドラはやはり3DSに移植かープロデューサーと任天堂宮本氏が接触

Yusuke Sakakura

パズドラはやはり3DSに移植かープロデューサーと任天堂宮本氏が接触


現在、スマートフォンやタブレット向けに配信されている大人気のパズルゲーム「パズル&ドラゴンズ」、以前、年内にも家庭用ゲーム機に移植されることが明らかになったとお伝えしましたが、最近パズドラのプロデューサーと任天堂の宮本茂氏が面会していたことが明らかになりました。
情報元
【朗報】『パズル&ドラゴン』プロデューサーが宮本茂と握手!!! : ゲームニュースちゃんねる

家庭用ゲーム機のパズドラはどんな強みを提供してくれるのか

パズドラの開発元であるガンホー・オンライン・エンターテイメントに在籍し、パズドラのプロデューサーを務める山本大介氏が3月19日に以下の様にツイートしています。

宮本茂氏は、任天堂で専務取締役情報開発本部長であり、ドンキーコングやゼルダの伝説など人気シリーズのプロデューサーを務めています。

家庭用ゲーム機への移植をお伝えした際に3DSになるのではないかとしましたが、やはりそうなる可能性が高いのではないでしょうか。

ただ、パズドラの強いところは積極的なアップデートやキャンペーンの実施にあると思うんですが、家庭用ゲーム機となると、同じようにはいかないと思います。他の所で魅力的な価値を付加してくれるのか気になるところですね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています