ドコモ、非ツートップモデルを5000円割引へ

NTTドコモ

ドコモ、非ツートップモデルを5000円割引へ


7月12日より、MNPを利用してドコモを契約した場合に2万円を割引くキャンペーンを提供しましたが、今度は非ツートップ機種を5000円割引く方針であることが明らかになりました。

非ツートップ機種を5000円程度割引へ

NHKによると、ドコモは非ツートップ機種を対象に5000円程度の割引を実施するとのこと。
このためドコモは、販売をてこ入れするためスマートフォンの値引きをさらに拡大することになり、他社から契約を移し替える利用者を対象に、12日から最大2万円の値引きに乗り出しました。
また、主力商品としているソニーとサムスン以外のメーカーのスマートフォンについても、今後、5000円程度値引きする方針です。

引用元:NTTドコモ値引き拡大 競争激しく NHKニュース

ツートップはやはり失敗だったのか

2013年6月度の純増数とMNPの転出・転入状況でソフトバンクモバイルとauに大きく溝を空けられたこと、5ヶ月ぶりの純減に転じたことが原因かもしれません。

また、ドコモの2013年夏モデルは「GALAXY SC-04E」と「Xperia A SO-04E」を価格とPR面で優遇するツートップを導入した結果、ツートップの2機種については好調をキープしているものの、他の機種の販売台数はいずれも10万台未満となるなど、苦戦を強いられており、非ツートップの価格を割引くことで純増数および販売台数の底上げを狙うものかと思われます。

さらに、auやソフトバンクモバイルが販売するiPhone5は発売から10ヶ月経った今、一括0円で販売する店舗もでており、価格面で対抗する狙いもあるのかもしれません。

個人的にツートップ機種を割引くことは差別化を図るツートップの方針とはそぐわないものであり、ドコモ自らツートップが失敗だったと認めてしまったようにも思えるのですが・・・。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Twitterニュース

2021/03/05
Twitter、ツイートの送信取り消し機能を開発中

au

2021/03/05
povoの対応機種は全189。iPhone 6sやSIMフリースマホなど追加発表

ソフトバンク

2021/03/04
LINEMO、1年限定割引でahamo対抗。音声定額を月500円割引

NTTドコモ

2021/03/04
ahamo、DAZN for docomoの割引継続。月額980円
Recommendこんな記事も読まれています