bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、2013年7月度の純増数は2ヶ月ぶりの純増へ

NTTドコモ
ドコモ、2013年7月度の純増数は2ヶ月ぶりの純増へ
毎月TCAから発表される携帯電話・PHS等の契約状況。2013年7月度分の契約状況は8月7日に公表される予定ですが、ロイターによるとNTTドコモが2ヶ月ぶりの純増に転じるようです。

7月に投入した割引キャンペーンが純増の要因に?

ロイターによると、NTTの代表取締役社長を務める鵜浦氏が2013年7月度の契約数にて2ヶ月ぶりの純増に転じるとコメントしたとのこと。
鵜浦社長はドコモについて「7月の純増数はかなりの数で獲得できたと聞いている」と説明。「6月の純増数がたまたま厳しかったがゆえに厳しい評価をされているが、これで評価が多少変わるのではないか」とし、特定のスマートフォン(多機能携帯電話)を重点的に販売するドコモの「ツートップ戦略」に一定の評価を示した。

引用元:ドコモの7月契約者数は純増、ツートップ評価=NTT社長 | Reuters

ちなみに、ツートップが初めて投入された2013年5月度の契約数は9万2000件の純増、MNPは-13万5800件の転出超過、2013年6月度の契約数は-5900件の純減、MNPは-14万6900件の転出超過を記録しており、いきなり「純減数はかなりの数で獲得できた」というのはちょっと不思議に感じますが、NTTドコモは7月より月々サポートによる割引額の増額やMNPでドコモXiスマートフォンを購入した場合に2万円を割引く「Xiスマートフォン 他社からのりかえキャンペーン」、MNPでGALAXY S4をMNPで購入した場合に2万円を割引く「GALAXY S4 他社からのりかえキャンペーン」など続々と割引キャンペーンを投入しており、これが要因かと思われます。

鵜浦氏は「キャッシュバックで(純増数が)回復したと思っていない」とコメントしたとのことですが、これだけのキャンペーン投入しておいて純増に寄与したなかったのであれば、それはそれでキャンペーンの打ち方を誤ったという見方もできますよね・・・。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone 11

2019/09/18
再更新:iPhone 11/11 Pro、RAMとバッテリー容量が判明。中国の認証機関から

NTTドコモ

2019/09/18
ドコモ、下り最大3.2Gbpsの「5Gプレサービス」を20日から開始。試作機も公開

Apple Music

2019/09/18
Perfume、サブスク解禁。全曲聴き放題に

Android

2019/09/18
Google、AirDropのようなAndroidの共有機能「Fast Share」を開発中
Recommendこんな記事も読まれています