bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、Xperia A SO-04Eは120万台を販売!9月末までに200万台を販売へ

NTTドコモ
ドコモ、Xperia A SO-04Eは120万台を販売!9月末までに200万台を販売へ
NTTドコモが2013年夏モデルとして発表した「Xperia A SO-04E」の販売台数が120万台を突破したようです。また、今後追加発注を行い9月末までに200万台を販売する計画であることを明らかにしました。

iPhoneの取り扱いについては現在も継続中

Xperia A SO-04Eは、BCNが発表する月間販売ランキングにて3ヶ月連続でトップを獲得するなど発売から依然好調が続いており、9月下旬には3万9000台限定で販売される初音ミクとのコラボモデルも発売される予定です。

NTTドコモの坪内副社長は純増数で他社に劣っている点についても答えており、iPhoneの影響が大きいものの、ライナップの絞り込みやツートップによりこれまでの状況から改善しているとコメントしています。
坪内氏は、携帯電話契約の純増数で劣勢となっている理由を「アイフォーンが大きなファクターとなっているのは認めざるを得ない」と説明。ただ、販売する端末数を絞ったツートップ戦略などにより「戦える」という認識を示した。

引用元:ドコモ副社長:ソニー製スマホ追加発注へ、アイフォーンに対抗 – Bloomberg

また、iPhoneついては交渉は継続中で販売台数の20%〜30%であれば取り扱いたいとしており、これまでの主張を変えていません。

NECの撤退については、iPhoneに匹敵するものが出せなかったためツートップに選定しなかったとし、メーカーにも言い分はあるとしながらも「ずっと待っていたのにという気持ちが強い」とコメントしたようです。ただ、1年1台のみ発売されるiPhoneに対し、Androidは複数台販売されます。そんな中で同じクオリティを求めるというのはさすがに無理があるのではないでしょうか。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2018/12/11
スマホ決済の利用経験は45%〜「楽天Edy」がトップ、コード決済1位は「楽天Pay」に

セール

2018/12/10
終了まであとわずか、Amazonサイバーマンデーで売れたものトップ10

NTTドコモ

2018/12/10
ずっと毎月1,500円割引のdocomo with「AQUOS Sense2」を12月14日発売。価格は一括3.1万円

LINE

2018/12/10
LINE、京都市でキャッシュレス化を促進。年内にシェアバイクサービスも展開へ
Recommendこんな記事も読まれています