bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

【ドラクエスマホ】メタルスライムでできたドラゴンクエストスマートフォンを触ってきた!

NTTドコモ
メタルスライムでできたドラクエスマホを触ってきた!
10月10日の新製品発表会で明らかにされるドラクエ仕様のスマートフォンですが、1日より千葉・幕張メッセ開催されている「CEATEC Japan 2013」にて先行展示されているということで触ってきました!

これがメタルスライムでできたドラクエスマホだっ!

展示場所はドコモのブース。


Xperia Z1やGALAXY Note3などと一緒に展示されています。GALAXY Note3はなんと40分待ち!


ドラクエスマホを触ったあとはなんと70分にもなっていました!


Xperia Z1は東京・銀座にて先行展示されていました(今もされているのかな?)し、ドコモの目の前にあるソニーのブースでも大量に展示されていたということもありますが、ケータイのためにネズミーランドのアトラクションごとく並ぶのはスゴいな・・・

そして、これがドラクエスマホです!でけぇ!


嘘の術!こっちが本物です!


ドラクエスマホはガラス張りのケースに入っていて実際に手に取って触れることはできません。


メタルスライムで作られたというだけあってかなりメタル感がスゴい。何人かは「指紋が気になるなー」と漏らしていました。

厳密にはメタルスライムを倒したことで得た「メタルのかけら」つまり肉片で作られているようです。


ボディのデザインはあまり見たことのない形をしていました。10月10日に発表される最新モデルをベースに作られているのでしょうね。

前からのショットを狙ってみましたが、これが限界・・・


この宝箱もクレードルとしてセットで欲しいよなぁ

ドラクエスマホだけで遊べるゲーム「ドラゴンクエスト いつでも冒険ダイス」の試遊もできた!

隣にはドラクエスマホだけで遊べるゲーム「ドラゴンクエスト いつでも冒険ダイス」も試遊できました。


本家のドラクエのようなマップを自由に歩き回れるものではなく、すごろくのようなマップをサイコロを振って出た数だけ進むことができます。ちなみに、サイコロを振るには実際にドラクエスマホを持って歩いたりする必要があるとのことでした。


早速プレイ!サイコロを投げるとマス目に応じてモンスターが現れます!


→たたかう!


モンスターを倒すと宝箱を落とすことがあります。中身はちいさなメダルでした。他のパターンもあるのかな?


ちいさなメダルを集めると、壁紙とデコメの素材がゲットできるようです。


ドラクエ3やドラクエ6で大人気となった転職システムも備わっていました。


ダーマ神殿!


転職するとマップも切り替わります。今みたら武闘家(女)→武闘家(男)に転職してた


と、こんな感じで転職しながらモンスターを倒し、ちいさなメダルを集めながらゲームを進めていくようです。ちいさなメダルでゲットできるアイテムの数は結構あって、毎日プレイしても数ヶ月ぐらい継続しないと全てのアイテムを集めることはできないそうです。

ちなみに、ドラクエスマホは着信音やアラーム音などもドラクエ仕様になっていて宿屋に泊まる時の音を目覚まし時計のアラーム音に設定することができるとのことでした!

ドラクエ感満載で、ドラクエ好きにはたまらないスマートフォンではないでしょうか。ドラクエ好きの女性2人組は「これならドコモに機種変したーい!」と口にしていたほどでした。

個人的には同梱品がどんなものになるのか気になるところです!

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPad

2018/10/15
iPad版「Photoshop CC」がついに2019年に登場。PC版との同期機能も

iPhone XR

2018/10/15
「iPhone XR」の価格・料金を比較。最も安いキャリアは?

au

2018/10/15
au、iPhone XRの価格を発表。64GBが98,400円から

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/10/15
「AirDrop痴漢」の被害にあわないための設定方法を解説
Recommendこんな記事も読まれています