bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2009年度中をめどにスーパー3Gの開発を完了。

NTTドコモ

2009年度中をめどにスーパー3Gの開発を完了。

ドコモは契約者の7割近くがFOMA加入者になるなど3Gへの以降が3キャリアの中で最も順調に進んでいます。

2010年には4Gが開始される予定ですが、その4Gと3Gの架け橋となるのがスーパー3G。現在進行中であるスーパー3Gの開発を2009年度中をめどに開発を終了したいとしている。
スーパー3Gは、3.9世代と言われ最も4Gに近い通信規格になっています。
その通信規格の内容は、ピーク時に下り100Mbps/上り50Mbpsというものです。

このスーパー3Gは4Gへの以降がスムーズに行うためのものであり、サービス開始当初は、3Gとスーパー3Gのデュアルモードによりスーパー3Gのエリア外では3Gの通信速度で通信を行うことができます。

第4世代の携帯電話はこうなる!
第4世代の携帯電話では映画丸ごと1本がダウンロード可能になる。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Amazon

2020/11/29
【最終日】Amazonブラックフライデー2020の注目商品&攻略まとめ

セール

2020/11/28
30%オフ、スマホで家電操作「Nature Remo」がAmazonブラックフライデーに登場

セール

2020/11/28
Amazonブラックフライデー、microSDカードが安い。512GBは過去最安値

ニュース

2020/11/27
総務大臣、携帯料金値下げでKDDI社長に猛反論「どういうサービスを提供すべきか常識でわかると思う」
Recommendこんな記事も読まれています