2009年度中をめどにスーパー3Gの開発を完了。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:22

2009年度中をめどにスーパー3Gの開発を完了。

ドコモは契約者の7割近くがFOMA加入者になるなど3Gへの以降が3キャリアの中で最も順調に進んでいます。

2010年には4Gが開始される予定ですが、その4Gと3Gの架け橋となるのがスーパー3G。現在進行中であるスーパー3Gの開発を2009年度中をめどに開発を終了したいとしている。
スーパー3Gは、3.9世代と言われ最も4Gに近い通信規格になっています。
その通信規格の内容は、ピーク時に下り100Mbps/上り50Mbpsというものです。

このスーパー3Gは4Gへの以降がスムーズに行うためのものであり、サービス開始当初は、3Gとスーパー3Gのデュアルモードによりスーパー3Gのエリア外では3Gの通信速度で通信を行うことができます。

第4世代の携帯電話はこうなる!
第4世代の携帯電話では映画丸ごと1本がダウンロード可能になる。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています