iPhone 6を片手で操作するのに便利なモードの使い方

bio
Yusuke Sakakura

iPhone 6を片手で操作するのに便利なモードの使い方


画面のサイズが大きくなった「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」では以前のiPhoneのように片手で操作することが難しくなりました。

そこでアップルは両方の機種に「片手操作モード」を搭載しているので、操作方法を紹介したいと思います。

iPhone 6とiPhone 6 Plusで片手操作モードを使用する方法

iPhone 6とiPhone 6 Plusで片手操作モードを起動するには、Touch IDとも言われるホームボタンを2回ポンポンとタッチしましょう。

すると、アプリのアイコンや画面上部にあるボタンが親指の方向にスライドすることでタップしやすくなります。

iPhone 6/6 Plusの発表直後には、ホームボタンを再度2回ポンポンとタッチすると、モードを解除できると伝えられていましたが、空白の部分を1回だけタッチしても解除することができます。また、そのまま何も操作せずい放っておいても片手操作モードが解除されます。これ豆知識!

スライドする幅は変えられない?

大画面のスマートフォンにこの片手操作モードを搭載したのは日本の富士通が最も早かったと思います。そういえば指紋認証をスマートフォンに持ち込んだのも富士通が早かったですね。

で、ARROWSの片手操作モード「スライドディスプレイ」では下方向にスライドする幅も自由に変えることができました。

人によって指の長さは違うのでスライド量が変更できるとなかなか便利なんですが、どうやらiPhone 6/6 Plusではこれができないようです。

これは今後のアップデートで改善されることに期待したいですね。

ということで、iPhone 6とiPhone 6 Plusで片手操作モードを使用する方法でした。お試しあれ!

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています