bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

セブンペイ、2段階認証を導入へ。チャージの上限額も見直し

キャッシュレス

セブンペイ、2段階認証の導入を発表。チャージの上限額も見直しへ

不正アクセス被害によって新規登録とすべてのチャージ機能を一時停止したスマホ決済サービス「7pay」(セブンペイ)

緊急会見の翌日に、セキュリティ対策プロジェクトを立ち上げ、すでに実施している対応策やこれから導入を予定している対応策も発表した。

セキュリティ対策プロジェクトは、不正アクセス等の原因分析および特定を行い、今後安心してセブン&アイ独自の決済、EC等のサービスを利用してもらうための安全対策を検討、実施する組織。

総責任者にセブン&アイホールディングスの副社長、プロジェクトリーダーにセブン・ペイの社長などが名を連ね、社外のシステムセキュリティアドバイザーも加わる。

セブンペイ、2段階認証の導入を発表。チャージの上限額も見直しへ

すでにセブン・ペイ社内におけるモニタリング対応人数を従来の4人から5倍の20人に増員し、モニタリング項目も拡大した。

今後の対応策としてセブンペイに2段階認証を導入することも発表されている。

セブンペイでは利用を始めるにあたって最初に「7iD」に登録する必要があるが、SNSによるログイン機能を利用しないかぎりメールアドレス/IDとパスワードを入力するだけでログインが可能で、SMSなど本人だけが受け取れる認証コードを入力することでようやくログインができる2段階認証には対応していないかった。

チャージ1回あたりの上限額も見直される。変更後の額は明らかにされていないが、これまでの上限額は3万円だった。このほかにもグループ横断的・包括的なセキュリティ設計コンセプトの見直しとセキュリティ評価方法および範囲の見直しも実施される。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

アンケート・調査結果

2020/08/04
Android/Pixel、2020年8月のセキュリティアップデート配信開始

ニュース

2020/08/04
TikTok、買収不成立なら米で使用禁止。日本では運営変更の予定なし

Pixelの噂・最新情報

2020/08/04
ソフトバンク、「Pixel 4a」を4.9万円で発売。負担額2.4万円

Pixelの噂・最新情報

2020/08/04
リアルタイム翻訳イヤホン「Pixel Buds」がようやく日本発売。価格は2万円
Recommendこんな記事も読まれています