bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、Super3G無線基地局で下り900Mbpsを実現。

NTTドコモ
NTTドコモと富士通研究所は共同でSuper 3G無線基地局装置の試作機の開発を進め、下り900Mbpsを実現しました。

Super 3Gは、FOMAの次世代通信規格(3.9G)と位置づけされ、通信速度は光ファイバー並みとなっていて、2009年には開発を完了・終了させ、2010年以降には実用化される予定です。また、映画がまるまる1本配信される可能性もあるとのこと。

ちなみに900MbpsというのはHSDPAの約64倍です^^;

今回下り900Mbpsという数値を実現できた秘密はMIMOにあります。

MIMOというのは、複数のアンテナを組み合わせてデータ送受信の帯域を広げる無線通信技術で無線LANの高速化などに応用されています。

7月には下り300Mbps、上り50Mbpsという通信速度を実現する予定だったのにいきなり3倍!

と思う人かも知れませんが300Mbpsというのは基地局での速度ではなく端末で計測した時の速度だと思います。(なのでHSDPAの約64倍というのも正しくはありません。)
プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホのアクセサリ・グッズ

2018/07/20
GoProの写真・動画をスマホに送る・転送する方法

iPhone SE

2018/07/19
LINEモバイル、「iPhone SE」の販売開始。価格は30,800円から

スマホアプリ

2018/07/19
最大1,000円オフ、ドラゴンクエストVII・VIIIの期間限定セールが開催中

インスタグラム

2018/07/18
インスタグラム、新しい2段階認証を近くリリース。SMS・電話番号不要に
Recommendこんな記事も読まれています