ahamo、公式サイトでiPhone 11など3機種を販売

bio
Yusuke Sakakura

ahamo、公式サイトでiPhone 11など3機種を販売

ドコモが3月26日からスタートする新料金プラン「ahamo」に対応するスマートフォン93機種を発表し、公式サイトで販売するスマートフォンも発表された。

ahamoで販売されるスマートフォンはiPhone 11/Galaxy S20/Xperia 1 IIの3機種。いずれも発売日は3月26日に設定されている。

ケータイ補償サービスにも対応

ahamo公式サイトにて販売される「iPhone 11」は64GB/128GB/256GBの3種類。価格は49,390円〜。「Xperia 1 II」は71,500円〜。「Galaxy S20 5G」は62,700円〜。いずれも新規契約およびのりかえ時の価格で機種変更時は増額される。

iPhone 11Galaxy S20Xperia 1 II
64GB128GB256GB
新規・MNP49,390円
(1,371円x36回)
54,890円
(1,524円x36回)
66,990円
(1,860円x36回)
62,700円
(1,741円x36回)
71,500円
(1,986円x36回)
機種変更62,590円
(1,738円x36回)
68,090円
(1,891円x36回)
80,190円
(2,227円x36回)
70,400円
(1,955円x36回)
79,200円
(2,200円x36回)

36回払いの選択やケータイ補償サービス、AppleCare+ for iPhoneに加入することも可能。現在使っているスマートフォンを下取りに出してdポイントを獲得できる「下取りプログラム」にも対応する。

ahamo公式サイトでは、新規契約やのりかえ、プラン変更、プラン変更+機種変更が可能。端末だけを購入することはできず、SIMロックに関してドコモと同じルールが適用される。

iPhone 12シリーズなどahamo公式サイトで取り扱っていないahamo対応スマートフォンをドコモオンラインショップで購入して利用することもできる。

ただし、ahamo公式サイトおよびドコモオンラインショップでは、ahamo契約後の機種変更手続きが2021年6月まではできない。

回避策としてahamoを契約してしまった場合は、端末購入時に5Gギガライトにプラン変更して端末が手元に届いてから再度、ahamoへのプラン変更を行う必要があるとのこと。

ただし、ahamoと5Gギガライトのプラン変更を3回以上繰り返すと両方の料金が請求されるため、注意が必要だ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています