bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

新型「AirPods 2」、防水・ノイズキャンセリング対応で2019年発売の噂

AirPods

新型「AirPods 2」、ノイズキャンセリング対応で2019年発売の噂

Apple純正のワイヤレスイヤホン「AirPods」、発表時は“耳からうどん”とも呼ばれていたが、発売されてみれば日本を始め世界中で長期的な在庫不足が続くほどのヒット商品になった。

今年12月には発売から2年を迎えるAirPods、早くも次期モデルの噂が耳に届いてる。

新型「AirPods 2」、ノイズキャンセリングに対応。音漏れも改善か

Barclaysのアナリストレポートによると、Appleが2019年早期に発売する新型の「AirPods 2」はノイズキャンセリングに対応するとのこと。AirPodsはサイズが小さいため、オーバーイヤーヘッドフォン「Beats Studio 3」のような高性能なノイズキャンセリングになるかは不明だが、デザインの変更によって実現するようだ。

飛行機や電車、バスなど乗り物内での騒音を減らすことで小さな音量でも音楽が楽しめるノイズキャンセリングには大きく分けて2種類ある。1つは内蔵されたマイクで周囲の騒音を測定し、特定の周波数を出すことで騒音を打ち消すもので「Beats Studio 3」などが採用する。もう一つは耳とイヤホンを密閉することで周囲の音を遮断する物理的な方法。

騒音を打ち消す高性能なノイズキャンセリングは機能をオン、オフすることもできて便利だがバッテリーの消耗に影響を与えてしまう。AirPodsの小さなボディに搭載されるバッテリー容量には限界があるため、この方法を採用するのは現実的ではない。一方、物理的に騒音を遮断する方法は機能をオフにできないがバッテリーに影響を与えずカンタンに実装でき、現行のAirPodsにおいて不満の声が聞かれる音漏れも防ぐことができる。

Barclaysのアナリストは新型「AirPods 2」はデザイン変更によって物理的に騒音を遮断する簡易的なノイズキャンセリングに対応すると考えているようだ。だとすれば特にスピーカー部分に大きなデザイン変更があるかもしれない。

新型「AirPods」においては今年発売されるモデルで次世代のWチップを搭載し“Hey Siri”に対応するほかワイヤレス充電に対応したケースが採用されるという。2019年発売のモデルでは待望の防水に対応すると報じられている。さらに、AirPodsの売れ行きが好調だったことからオーバーイヤー型の高級ヘッドフォンが年内に発売すると噂されている。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Android

2019/08/22
速報:Android、スイーツのコードネーム廃止。次期バージョンは「Android 10」に

AirPods

2019/08/22
iPhone 11、新型iPad、AirPods 3など年内登場するAppleの新製品が明らかに

スマホのアクセサリ・グッズ

2019/08/22
「Powerbeats Pro」、アイボリー/モス/ネイビーカラーの販売開始

Google Home

2019/08/22
Google、壁掛けできるスマートスピーカー「Nest Mini」を発売か
Recommendこんな記事も読まれています