bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ワイヤレス充電器「AirPower」、A11チップ内蔵で発熱問題を解消か

Appleニュース

ワイヤレス充電器「AirPower」、A11チップ内蔵で発熱問題を解消か

2018年発売と発表されながらもAppleが求める基準を達成できず、開発中止が発表されたワイヤレス充電マット「AirPower」

最近になってiPhoneのフルワイヤレス化を見据えて開発再開が報じられていたが、最新のレポートによるとA11チップを搭載することで障壁となっていた発熱問題をクリアするかもしれない。

今年前半に発売との噂も

Apple関連のリーカーJon Prosserが、新型コロナウイルスの影響で在宅ワークによる開発を続けるエンジニアチームの一員から入手した未発表製品“C68”の情報を写真付きで伝えている。

“C68”はAppleが一度は開発を断念した「AirPower」のようだ。「AirPower」はiPhone、Apple Watch、AirPodsの3台を同時充電できるワイヤレス充電マットとして発表されたものの、発熱などさまざまな問題によって製品化が困難になったとされている。

今回のレポートによれば、独自の充電方式を採用したApple Watchは、より多くのエネルギーが必要でApple Watchと他のデバイスを同時に充電すると充電マット全体の温度が上昇して火を吹くこともあったという。

しかし、A11チップを内蔵した新しいプロトタイプでは、充電マットと製品が触れる特定領域の充電コイルのみに電力を供給するほか、高温の場合は待機状態に温度を落とすことが可能に。

発熱問題が解消されれば製品化に一歩近づくことになる。“C68”がいつ発売されるか、製品化されるかもわかっていないが、Appleの未発表製品に関して最も信頼できるMing-Chi Kuoは小型のワイヤレス充電マットの今年前半の発売を予想している。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています