「Android 11」プレビュー2公開。寝顔で顔認証不可、ADBの無線サポートなど

bio
Yusuke Sakakura

「Android 11」プレビュー2公開。寝顔で顔認証不可、ADBの無線サポートなど

3月19日、Googleが開発者向けにデベロッパープレビュー版「Android 11」を公開した。

デベロッパープレビュー2では、5Gや折りたたみデバイス、動的リフレッシュレートの対応・改善が実施されている。

4月にはデベロッパープレビュー3が公開

DP2の主なアップデート内容
  • 5G state API
    • 5Gに接続しているかを確認できるAPIが追加。開発者は5G接続時に高画質な映像をストリーミングしたり、同期の頻度を上げることが可能に
  • 折りたたみデバイスのヒンジ角度検出
    • 折りたたみデバイスで正確なヒンジの角度検出が可能に
    • 「Surface Duo」ではヒンジの角度によってコンパクトに通知を確認できる
  • ニューラルネットワークAPIの改善
  • 動的リフレッシュレート
    • Pixel 4など複数のリフレッシュレートに対応したデバイス向けに優先リフレッシュレートを設定可能に
  • キーボードスクロール
    • 画面スクロールに合わせてキーボードもスクロール可能に
左: Android 10、右: Android 11のキーボードスクロール

このほかにも「Pixel 4」向けに、寝顔など目をつむった状態では顔認証できない“目を開く”オプションが追加された。なお、Android 10においても設定画面の検索からヒットするため、6月のFeature Dropで追加されるかもしれない。

開発者オプションにはADBコマンドをワイヤレスで操作できるオプションが追加された。これまではUSBデバッグをオンにしてPCと毎回接続する必要があったが、同じWi-Fiに接続していてペア設定したPCからワイヤレスでADBコマンドが実行できる。ただし、現時点でペアリングする方法はなく将来的にサポートされるようだ。

また、今回から「Android Flash Tool」を使用したデベロッパープレビューの導入が可能になった。複雑なADBコマンドを使用せずにクリック操作だけでカンタンにインストールできる(データは初期化されるため注意が必要)

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています